子宮筋腫の進行を抑制

宮崎県延岡市 kahle か〜る 木村香春 代表

5年ほど前から肩こりや腰痛の改善がニーズで通われていた女性(30代半ば)が、1年前に婦人科検診を受けたところ子宮筋腫が見つかりました。
大きさは約5cm。担当医から大きくなることを見越して「いずれ切らなきゃね」と告げられ、ショックを受けておられました。

たまたま同様の症状でうちに来られた方がいて、その方は手術で筋腫を切除されましたが、錠剤タイプのビワの種などを飲まれて非常に効果が得られたこともあって、彼女にもビワの種をお勧めしました。
また、以前から低体温でもあったので「とにかく腹部と腰部をしっかり温めましょう」とアドバイスさせて頂きました。
元来、真面目な彼女は腹巻をしたり、使い捨てカイロを貼り付けたり徹底した対策を取り始めました。
食事に関しても「出来る限り体を温めるものを摂るようにしましょう」とお話しました。すると彼女は体が温まる生姜を食べたり、腸を元気にする発酵食品を積極的に摂取されるようになりました。

手術せずに済んだ

筋腫が見つかった当初は、1ヵ月おきに病院で検査を受けておられましたが、うちでの施術と彼女の努力が奏効してか、筋腫は全く大きくなることはありませんでした。
そこで医師は、「じゃあ、しばらく様子を見ましょう」と言われ、検査を1ヵ月毎から3ヵ月おきに切り替えられたのでした。
施術の内容は、彼女は腰痛もあるのでまずはカイロプラクティックで骨盤を矯正し、その後、ビワ温灸をじっくりと1時間かけて当てています。
腰から順に背中に向けて念入りに当てていきますが、ビワ温灸は非常に気持ちが良いらしく、時として「このまま寝ていたい」と言われたり、喜ばれています。
月に2、3回の施術を欠かさず1年間続けた結果、つい最近の検診でも大きくなっていなかったことから「今度は夏まで様子を見ましょう」ということになったのでした。

温灸以外のビワ療法として、数年前にビワ茶をご紹介させて頂きましたが、お母様も気に入られました。
彼女は職場に持参するなど愛飲されています。
私はお母様とはお会いしたことはありませんが、彼女のお話では子宮ガンか何か婦人科系の病気を患っておられ、検診に行く度に数値が落ち着いていると喜んでおられるそうです。

美味しいうえに効果が感じられるので難なく続けられるようです。
彼女も、「多少ですけど痩せました。やっぱりビワ茶かな」と話しておられました。
体を温める観点では、重要な変化があります。前述の如く彼女は低体温で、ずっと35℃台でした。
口癖のように「冷えて、冷えて」という言葉はよく耳にしていましたが、施術を始め、ご自身での対策に取り組んでからというもの、いつ計っても36℃台を維持するようになっているのです。

花粉症も改善

もう一つ、花粉症も改善しておられます。

花粉シーズンは毎年耳鼻科に通っておられたのですが、ビワの種を1年間飲み続けたことで、症状が出なくなっているのです。
「今年は花粉飛んでるんですか?飛散少ないですよね」
「いいえ、出ている方は凄いですよ。多分、体が良くなっている証拠じゃないですか」
今年、全く大丈夫だった彼女との会話です。

取り立てて花粉症対策の施術をしたわけではありません。もちろん、鼻炎の症状が出ているときは鼻の周りにもビワ温灸を施しますが、そういう必要がなかったのです。
ビワの種を1年間続けられ、確実に体質改善が図られている感じです。
筋腫の方も出来れば切らない方向で・・・。
その意識を共有しつつ、お互い思いを込めて取り組んでいます。

◎kahle か〜る (ご紹介はこちらです)
宮崎県延岡市大貫町3−1048−1
TEL:080−1797−3958

◎「kahle か〜る」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮筋腫の進行を抑制
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入