ビワ茶と種で体質改善

宮崎県延岡市 kahle か〜る 木村香春 代表

私の3歳の娘はビワ茶とビワの種(錠剤タイプ)が大好きです。2歳のときから飲んでいますが虚弱な体質が変わってきました。

以前はよく熱を出したり、アトピーではないけれども乾燥性の皮膚疾患で時々皮膚科にかかったりしていました。
錠剤タイプのビワの種はまだそのままでは飲み込めないのでカリカリと噛んで飲み込みます。いつも「美味しい、美味しい」と1日3粒ほど飲んでいます。
ビワ茶も美味しいらしく、「ジュース飲む?」と聞くと「ビワ茶がいい」と答えるほどで、保育園にも水筒に入れて毎日持参しています。
子供なので濃い目に煮出しておいたものを飲ませるときにお湯で割って常温にしています。

熱を出すこと自体減りましたし、風邪を引いても処方された薬と併用すれば1日で治るようになりました。かつては治っても2,3日すると同じ症状をくり返していましたからビワ茶とビワの種で体質が改善されたのだと思います。
皮膚疾患にはビワローションを顔に塗ってやったり、夏場のあせもにはビワエキスを薄めて患部に付けると改善されます。

ただ、こうした体の外からのケアだけでなく内からのケアも大切です。
それを実感したのがビワ茶です。春から夏は欠かさず飲んでいたビワ茶ですが、涼しくなって作るのを止めたところ、収まっていた皮膚疾患が出始めました。
また、ビワ酢もわが家では料理に欠かせません。酢の物や南蛮漬けなどを作るとこれまた娘は大好きで、器に残った汁を家族の分まで欲しがり、飲み干してしまいます。

私自身もビワの種の愛用者です。産後から体質が変わりアレルギーの症状が出るようになりました。
主に目やにが出ます。花粉症の季節には関係なく、疲れて体調が悪いときなどが如実です。
これにはビワの種が有効で朝晩、7粒ずつ飲んでおくと収まります。

主人も初めはあまり関心を持っていませんでしたが、肩こりにビワ温灸を当ててあげたところ気持ちが良かったようで、最近は自分から当てて欲しいと言います。

花粉症が種で改善!

今年もそろそろ花粉症の季節になりますが、肩こりなどでビワ温灸を受けておられるお客様(女性、50歳くらい)も花粉症に悩むお一人でした。
ビワの種での改善例が多いことをお伝えしたところ早速試され、「お陰で昨年は病院に行かずにすみました」と喜ばれました。
ちなみにこの女性は錠剤タイプのものを朝晩10粒ずつ飲むことで大丈夫だったそうです。
ビワの種を飲む人は個人差がありますが、花粉症の方はぜひ試してみられるとよいと思います。

ビワ茶にしてもビワの種にしても、コツコツ続けることで体質改善へと繋がっていきます。

◎kahle か〜る (ご紹介はこちらです)
宮崎県延岡市大貫町3−1048−1
TEL:080−1797−3958

◎「kahle か〜る」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ茶と種で体質改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入