リウマチの痛みが軽減!

大阪府大東市 谷井接骨院 谷井数彦 院長

リウマチの症状で来院される方は少なくありませんが、今回は今年4月に血液検査でプラス反応が出たという33歳の女性のケースを紹介します。
この方は、病院にかかる以前から症状があったそうです。

検査でリウマチと判明して初めて具体的な治療に入ったそうですが、その後の経過はかんばしいものではありませんでした。

病院ではプレドニンと呼ばれる、リウマチ治療で一般的に用いられる副腎皮質ホルモンの薬が処方されたそうです。
しかし、服用を始めて2ヶ月が経っても症状は重くなるばかりで、途方に暮れていたところに友人の紹介で当院を知り、訪ねられたそうです。

6月29日に初来院。
リウマチの症状は足首、膝、指、肩など全身に出ていましたが、特に左足首は腫れ、痛みともに強く出ており、歩行も苦痛をともない、本人の表現によると「カクカクとした痛みが走る」とのことでした。

ビワ温灸は、足、腰、背中、肩、腹部、そして局所の順に施しました。
時間にして約25分。痛みが強い左足首には集中的に当てました。

局部の取穴は照海と申脈、崑崙と太谿、三陰交と光明を抜き打ち灸(温灸器2個で挟み込む)とし、さらに承山や湧泉といった経穴に十壮(10回)ほど行いました。

初回はやや軽めに行い、7月1日に2回目、7月5日に3回目と日を開けずに施灸したところ変化が出始めました。
3回目には腫れが随分とひき、歩行も少し楽になりました。
そして、何より変わったのは顔の表情です。
治るという希望が湧いて元気を取り戻し、笑顔が沢山見られるようになったのです。

4回目からは週1回通っておられますが、病状は進行せず現在も平行線でとどまっている状況です。
本人の意思で服用薬を8mgから6mgに減らしておられますが、支障はないそうです。

また、当院では毛髪分析によりミネラルの量を測定し栄養療法を指導しています。
この女性も温灸と併せてビタミン、ミネラルを補っていることも奏効しているように感じられます。
リウマチの患部にビワ温灸を行ってはならないとする説もありますが、一概にそうとは限りません。
もちろん、その方の症状を見極めることが前提条件となりますがビワ温灸は大変有効です。

確かにリウマチは簡単に改善する病気ではありませんが、ビワ温灸を続けることで進行を遅らせ、良い状態を維持することは可能です。
根気よく取り組むことをお勧めします。

◎谷井接骨院(ご紹介はこちらです。)
大阪府大東市南楠の里14−28
イーストコート僑隠娃
電話:072−877−8418

『ビワと健康』  2002年11月15日号)

◎「谷井接骨院」の体験談は他にもあります。
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リウマチの痛みが軽減!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入