卵巣嚢腫の腫れが解消

大阪府大東市 たにい接骨院 谷井数彦 院長

肝臓と同様に沈黙の臓器と称される卵巣。
この卵巣が腫れる病気には卵巣ガンや卵巣嚢腫があり、卵巣ガンが悪性腫瘍であるのに対して卵巣嚢腫はその大半が良性の腫瘍とされています。

もちろん、良性だからといって腫れが大きくなれば様々に支障をきたすわけで、放置して良いものではありません。

7月後半、当院に来られた女性(38)もまた卵巣嚢腫でした。
実はこの女性、2年前にも卵巣嚢腫と診断されています。そのときは左の卵巣が腫れていました。
当院でビワ温灸とレインボーパワーといった経穴を用いる療法を中心に、亜麻仁油(オメガ3脂肪酸系)を併用した施術を数回行って、腫れはひきました。
あれから2年、その間も彼女はたまに調整で来られていましたが、今回は右の卵巣が腫れているとのことでした。

前回と同様に今回もやはりビワ温灸とレインボーパワー、亜麻仁油による施術を行いました。
亜麻仁油は炎症を取るのに有効で、推奨する私の感覚では特に婦人科系疾患には良さを感じています。
当院で1回施術し、後日、病院で検査を受けたそうですが、腫れが殆ど取れていたそうで喜んで連絡を下さいました。
この三つを組み合わせた施術には割と即効性があるように感じられます。

彼女は神経質な面が強い性格で、体調が良くないと思うと落ち込み、逆に大丈夫だと思うと免疫力が発揮されて劇的に改善が進む傾向があります。
卵巣嚢腫については2年前のことがあったので当院を訪ねてくれたと思うのですが、その神経質さが妨げとなってか、それ以降来られていません。
本音をいうと、もう少し継続して施術を受けて、改善を確かなものとして定着させて頂きたいのですが、ご本人の意思にお任せするしかないので少し心残りに感じています。

◎たにい接骨院(ご紹介はこちらです。)
大阪府大東市南楠の里町14−28−102
TEL:072−877−8418

◎「たにい接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 卵巣嚢腫の腫れが解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入