たにい接骨院

大阪府大東市南楠の里町14−28−102 TEL:072−877−8418


様々な症状を抱えて来院する患者さんに対していかに適切な施療を提供することができるかを意識し、技術の向上とともに有効な手段の開拓にも余年のない谷井数彦院長。

穏やかで爽やかな笑顔の中にはスポーツで培った精神力の強さが滲み、頼れる治療家の風格さえ感じさせる。
施療のメーンとなる中医学経絡治療にビワ温熱療法を加え、実績を高めている。
話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    小四で始めた大好きな野球で、ケガをするたびに接骨院でお世話になっていたのがきっかけです。その治療家に憧れて弟子入りし、師匠のもとで勉強し、平成元年4月に開業しました。

  • こちらの治療院の特徴は?
    開業当時は西洋的な東洋医学としてカイロプラクティックなど骨を中心とした施療に傾注しましたが何かしっくりせず、色を使う治療法に出会ったことが縁で改めて東洋医学を学ぶため上海中医薬科大学日本校へ入学、上海にも渡り東洋医学の奥深さを知りました。
    そうしたことから証を立ててツボ治療を行なう中医学経絡治療を取り入れているところが特徴的だと思います。

  • 施療の流れは?
    東洋医学的弁証として問診、脈診、切診を通じて身体の気血、良導絡の測定により自律神経、そして毛髪分析により体内のミネラルとそれぞれのバランスをチェックし、総合的に体内バランスを確認して施療に入ります。
    具体的な施療内容は、中医学経絡治療、ビワ温熱療法、YOSA(ハーブ蒸し)等を個々の症状に合わせて行ないます。また、いずれの症状に拘らず食事の改善は重要なので、毛髪分析の結果によりビタミンやミネラル摂取についての指導をいたします。
    勿論、骨折、捻挫、打撲、脱臼、挫傷などは保険範囲内の施療として行なっています。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    開業から7、8年経ったころビワ温灸に出会いました。自分で体験し非常に気持ちが良かったのとガンをはじめ難病にも対応できる利点が気に入り、導入しました。
    基本的には手技とビワ温灸は併用せず、症状によって選択しています。ビワ温灸は痛みを取るのも得意なのでソフトな治療が必要なときにも重宝しています。

  • 印象的な改善例は?
    最近では不妊症を克服した方の症例を報告させて頂きましたが、ガン、リウマチ、生理痛、パーキンソンの震えやマヒ、婦人科系の症状等でも良い改善が得られています。ビワ温灸はツボを押さえた施療が可能ですし、身体を温めて気持ちが良くリラックス効果も得られるため、自律神経系の症状でも効力を発揮しています。

  • ビワ療法の他に用いているものは?
    亜麻仁油ですね。亜麻の種から抽出された油でダイエットや糖尿病など様々な症状で用いる事ができ、お奨めです。
    あとは酵素も扱っています。

  • 出張施療もしますか?
    出張はしませんが週2回、近隣(一駅程度)の方を対象に送迎車を出しています。お気軽にご相談ください。

  • 信条を一言。
    お一人お一人を大切に、丁寧な施療を心がけることです。


◎「たにい接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2006年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > たにい接骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入