肺転移の影が消えた!

大阪府大東市 谷井接骨院 谷井数彦 院長

今年5月に乳ガンを手術し、その後ビワの種と酵素を飲み続けることで病状が安定している女性(54)がおられるので紹介します。

この方が右の乳房に異常を感じて病院に行き、乳ガンが判明したのは手術に至る1ヶ月ほど前でした。
すでに腫瘍はかなり大きくなっていたらしく、当院でビワ温灸を当てる際に横になってもらうと通常はだらりとなるはずの乳房が硬く張ったままの状態でした。

ビワ温灸を行なうと不思議とこの腫れが収まりました。
2回、3回と施術を重ねていくに連れ、しこりが軟らかくなり、全体的に腫れがひいていきました。

以前からビワ療法の素晴らしさを知っておられる方でしたから、ビワ療法のみ続けて行くべきか、それとも手術を受けるべきか迷われたようですが、ご家族と相談して手術を受けることを決断されました。
手術までの約1ヶ月間はビワ温灸を続けました。手術後は抗ガン剤の点滴を受けながらそれを補完する目的でビワの種と酵素を飲まれました。
抗ガン剤が1クール終わった時点(2ヶ月弱)での検査であいにく肺に影が見つかり、再び抗ガン剤の投与を続けることになってしまいました。
抗ガン剤を多用するわけですから当然、相当な副作用が懸念されました。

ところが、通常だと強い倦怠感に襲われ、食欲不振や吐き気等に悩まされるケースであるにも拘らず、この方の場合は髪の毛こそ抜けはしましたが、それ以外の症状については全く見られませんでした。

おそらくビワの種と酵素の作用によるものでしょう。これが、強い抗ガン剤を投与され続けている人なんだろうかと我が目を疑うほど“元気”そのもので、なんと肺への転移を告げられてから僅か1ヶ月後の検査でその影は跡形もなく消え去っていたのです。

もちろん、ビワの種ばかりではなく酵素や抗ガン剤との相乗効果によるものだと思われますが、改めてビワに秘められた力を実感しています。

◎谷井接骨院(ご紹介はこちらです。)
大阪府大東市南楠の里14−28
イーストコート僑隠娃
電話:072−877−8418


◎「谷井接骨院」の体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2003年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺転移の影が消えた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入