不妊症克服し遂に妊娠

大阪府大東市 谷井整骨院 谷井数彦 院長

不妊症の改善を目的に通われていた女性(29)が生理痛や冷えの症状を克服し、ついに待望の妊娠に至った例を紹介致します。

この女性は、病院で不妊症の治療を続けてこられたのですが良い結果が得られず、お母さんのご紹介で当院に通われるようになりました。

不妊の原因は、体の正気不足、偏食、生理痛などが見受けられました。
生理痛が非常に強く、いつも初日は起き上がれない状態でした。

不妊症の改善を図るポイントは腎虚を攻めることにあり、とりわけ足の小指の先にある膀胱経、腎経の井穴「至陰」に的を絞って、毎回ツボ刺激を施しました。

施療の流れは、まずビワ温灸で足裏の「湧泉」のツボから順次脚部、腰部、背部へと上がり、さらに腹部など全身を温めて、最後にツボを衝く器具で局所的に「至陰」を攻めるというもので、生理痛については2、3回の施療で改善し、仕事を休むようなこともなくなりました。

もう一つの大きなポイントは食事の改善です。
魚や野菜をあまり食べない方でしたので、玄米と味噌汁をベースに、当院で提唱している”まごは(わ)やさしい”すなわち「まめ、ごま、わかめ、野菜、しいたけ」を徹底して摂ってもらいました。

週1回の施療にきちんと通われ、毎日の食事を正すことで多少の揺れ戻しはあったものの確実に体調は上向き、8ヶ月目にして待望の妊娠となりました。

施療を始めて4、5回目で体調改善の予感めいたものがありましたが、根気よく続けられて本当に良かったと喜んでいます。

◎谷井整骨院(ご紹介はこちらです。)
大阪府大東市南楠の里14−28 イーストコート僑隠娃
TEL:072−877−8418

◎「谷井接骨院」の体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2006年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 不妊症克服し遂に妊娠
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入