整体とビワ温灸の相乗効果

長野県茅野市 牛山幸子 さん (49歳)


整体をメーンに施術を行っていますが、ビワ温灸を併用することでより良い改善が得られたケースがありますのでいくつか報告させていただきます。

まず、帯状疱疹で右腕を痛めた男性(83歳)のケースです。

病院の薬で痛みがとれたと喜んでおられましたが、実際は本人も気づかないところで神経痛が出ていたのです。

この方は、月2回の整体を6年間続けていますから私にはその変化はすぐに分かりました。
治ったはずなのに右肩が上がらないのです。
高齢でもありますし、別段手を高く上げる作業は必要がないため気づいておられなかったのですが、肩甲骨の中央が硬くなり、押さえてみると数ミリのシコリが何ヶ所かできていました。
整体で右腕を肩より上にあげようとすると「イテテテテッ」と声をあげ、「いじらないでくれ!」とおっしゃるのです。

放置していては改善が望めそうにないのでビワ温灸を行うことにしました。
整体が終わった後、約15分ほど腰、足、そして「天宗」など肩甲骨の中心付近のツボに当てました。
月2回のペースなので3ヶ月かかりましたが、きれいに痛みはとれました。

筋肉痛にも効果

次に、筋肉のコリからくる痛みが改善した男性(77歳)の例です。
この方は、久しぶりのゴルフで上腕二頭筋を痛めてしまいました。力こぶの箇所がまるでボールでも入っているかのように腫れ上がり、上着を着る動作でさえ痛んで仕方ない有様でした。
この方には、8年間整体をさせていただいていますが、ビワ温灸は一度もしたことがありません。
健康維持を目的に整体を続けておられ、元来丈夫な方ですので他の療法は煩わしく感じておられたのです。
さすがに今回は試す気持ちになられ、足、腰、肩と力こぶ、その周辺にも5〜6分当てました。
月2回の施術で4〜5回続けると痛みも腫れもとれました。ストレスもあったのだと思います。施灸の際はいびきをかいておられました。

この方の奥さん(73歳)は、痛い施術が苦手でビワ温灸を好まれますが、やはり改善例があります。
膝の内側に原因不明のこぶが出来たことがありました。直径は1センチくらいで、少しも触れないほど痛がられました。
私自身、すごく不思議に感じましたが、わずか5分のビワ温灸で見る見る腫れがひき、コロリと改善してしまいました。
そんなこともあって、ご夫妻は「この人に頼めば何とかしてくれる」と信頼を寄せて下さっています。

また、30代の男性で首が動かなくなった方がおられます。特に左側に痛みがあり、足にも激しい痛みが出ていました。
まるでビニール袋に水を入れたようにパンパンに腫れ、全身どこを触っても血流が滞っている感じでした。
ところがビワ温灸を当てるとうんと楽になるようで、これがないと対処できないという症状でした。

ほかにも膀胱炎、リウマチ、小児喘息等でもビワ温灸で劇的な改善が得られています。
本当にビワ温灸はすばらしく皆さんに喜んでいただいています。

【連絡先】
電話:0266−73−4748

◎牛山さんの体験談はほかにもあります。
『ビワと健康』  2002年8月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 整体とビワ温灸の相乗効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入