乳児のアトピーにビワの種

長野県茅野市 牛山幸子 さん

11年ほど前ですが、現在小学6年生になる知人の息子さんが赤ちゃんだったとき、ビワの種でアトピー性皮膚炎が改善した例をご紹介します。

この男の子がまだ寝返りもできない生後3、4ヶ月のときでした。
足首の前側が紫色になり、お母さんは「アトピーみたい」と心配しておられました。

アトピーは悪化すると大変です。何とか良くならないかと試したのがビワの種(粉末タイプ)でした。
実はお母さん自身、毎年春になると花粉症で苦しんでいたのですが、ビワの種を飲むようになってから驚くほど症状が軽くなっていたのです。

そこで、『アトピーだって同じアレルギー症状だから良いのでは・・・』と考えたわけです。
ちなみにお母さんの花粉症はビワの種を飲むようになってからスギ・ヒノキ花粉の飛散量が少ない年はまったく症状が出ず、多い年でほんの少し出る程度にまで改善していました。

赤ちゃんなのでビワの種はミルクに混ぜて飲ませました。
様子を見ながら色が着く程度に混ぜて飲ませていたところ、ほどなくアトピーの症状は消えました。

ビワの種を混ぜたときの味がよほど気に入ったらしく、むしろそれを混ぜないと嫌なようで自分でコップを使って飲めるようになってからもずっと飲んでいたそうです。
3年ほどビワ入りミルクを愛飲したのでした。

◎連絡先
長野県茅野市金沢甲4787
TEL:0266−73−4748

◎牛山さんの体験談はほかにもあります。
『ビワと健康』  2010年9月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳児のアトピーにビワの種
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入