アトピーが徐々に改善

長野県茅野市 牛山幸子 さん (46歳)

12歳になる息子は、生まれたときからずっとアトピー性皮膚炎です。

生後1ヶ月半で耳がひび割れ、離乳食を始めた頃から全身がカサカサした状態になり、成長するにつれて汗をかかない体質になりました。

症状は悪化するばかりで、2年前の5月には奇跡的なアトピー治療で有名な土佐清水病院を訪ね、丹羽先生のお世話になりました。

病院で処方された塗り薬はとても良く効き、併せて食事指導を守ることでずいぶんと改善が進みました。

治療を始めた当初は、肉類や動物性の脂を摂ると途端に症状が悪化していました。ところが、最近では脂肪分の少ない牛肉程度なら食べられるようになりましたし、甘いジュースを飲んでも平気になりました。

とはいっても完治には至っていません。日によって症状にむらがあり、少しでも無理をしたり、気を抜くと悪化します。
ビワの葉療法を指導される方の話では、アトピーの患者はたいてい土踏まずが硬いとのことですが、うちの息子も土踏まずが硬く、足首周辺にも痛みがあります。

土踏ますが痛むというのは腎臓の機能が弱っている証拠で、顔がむくみ、身体がだるくて起きられないこともあります。
そうした状況下、今年4月からビワの葉療法を始めました。ビワの種の粉末を毎日食べ、さらに温灸を当てるようになりました。

温灸を始めて一番の変化は汗が出るようになったことです。そして、汗が出た分だけ全身の皮膚がツルツルしてきました。
また、顔のむくみや身体のだるさ、土踏まずの痛みが軽減しました。

本人が言うには温灸を当てた翌日はとにかく身体が楽とのことで、すすんで温灸を受けたがります。
運動会の前日、お尻や足に一生懸命に温灸を当てましたが、徒競走で良い結果が出ました。

もともと足の速い子ですが、これまではアトピーの影響でなかなか実力を出せずにいました。
運動会の当日は温灸のお陰で足に全く痛みがなく、思いっきり走れてリレーの選手より先にゴールしたのです。

私自身も今夏、原因の分からない腹痛で2週間ほど苦しんだ際、ビワの葉温灸のパワーを実感しました。
病院のエコーでは異常がみられず、痛み止めの薬を飲んでも効かなかったものが、たった1回の温灸で痛みが消えたのです。

整体との併用も有効な素晴らしい自然療法に出会え、感謝しています。


◎牛山さんの体験談はほかにもあります。
『ビワと健康』  98年12月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピーが徐々に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入