花粉症にはビワが一番!

長野県茅野市 牛山幸子 さん

毎年、春先になるとスギとヒノキによる花粉症で辛い思いをしてきました。

ビワの種と出会ってからは「あれっ、ちょっときたかな」と感じると、サッと飲めば症状が収まるので病院の治療を受ける必要はなくなりました。

小さじに山盛り、数杯飲むと1時間もしないうちに症状は収まります。しばらくして症状が出てくればまた飲むのです。

症状が出る間隔は、日によって違っても1日2〜3回飲めば、ほぼ大丈夫。
そんな調子で乗り越えてきた私でしたが、去年の春は事情が異なりました。
私の住む地域では花粉の飛散量が非常に多く、連日ビワの種を多めに飲み続けシーズン半ばで粉末タイプを飲み尽くしてしまい、たまたま開封済みの錠剤タイプがあったのでそれを飲むことにしました。

私には粉末タイプの方が即効性が感じられ、そちらが好みです。しかし、そんなことは言ってられません。錠剤タイプも毎日飲み続け、あっという間に1瓶が空になり、結局再び粉末タイプを取り寄せて、何とか乗り切ることが出来ました。
錠剤タイプの利点は小分けにして携帯しやすく、人に奨めやすいことです。
朝、自宅で飲んで出掛け、仕事中効き目が切れれば即座に飲むことが出来ますし、鼻をグズグズさせたり、くしゃみをしている人に会えば、お試しとして分けてあげるにも便利なのです。

自宅では粉末、外出時は錠剤と使い分けるといいと思います。
お客様の中にはビワ茶で去年の花粉シーズンを乗り越えた方もおられます。
現在、60代前半の女性で、「粉は飲みにくいから私はお茶でいいです。色が奇麗だし味も良いから」とビワのお茶がお気に入り、以来、十数年花粉シーズンだけでなく1年中飲まれるようになったのです。
お徳用サイズを切らさず購入、マグボトルやペットボトルに入れ職場にも持参し続けたことが良かったのだと思います。

去年、あれほどの飛散量にも拘らず全く症状が出なかったと仰るのです。
彼女のように根気強く継続することで体質改善が図られ、花粉症が克服できれば最高です。
因みにこの方の娘さんは錠剤タイプのビワの種を長年愛飲されました。
娘さんは花粉症ではなく原因がよく分からないアレルギーで体にポツポツと湿疹が出ていたのです。
「これを飲むと楽になる」と大瓶で注文され、季節に関係なく継続、現在30歳を過ぎておられますが7、8年経過してもう症状は出ていないようです。

また、一昨年はご主人が花粉症になり、「俺にもくれや」と錠剤タイプのビワの種を飲まれ、やはり症状が抑えられたそうです。
他にもビワ茶で花粉症が楽になった男性がおられますし、すでに甜茶を愛飲していた人が母親に勧められてビワの種を試したところ症状がピタッと収まり、甜茶以上の即効性に感激して会社の同僚の分まで注文された例もあります。
話を自分に戻すと、去年は仕事で無理をしていたことも症状が強く出た要因になった気がします。
以前、報告させて頂きましたが、私がビワの種による劇的改善で救われたのは13年前のことです。
子どもの卒業式の前日、取り込んで畳んだ洗濯物に大量の花粉が付着していたらしく、翌朝起きるとトマトが熟したような目になっていたのです。
こんな状態で式に出られるのか心配しましたが、ビワの種を多めに飲むことで学校に着くころには症状は収まり、1日平気で過ごせた体験からその優れたパワーを実感したのです。

病院の薬で治すのか、あるいはビワの種やお茶を用いるのか。
人それぞれの選択ですが、どんな薬も薬である以上は副作用のリスクも考えられるので、自然なビワ療法を試してみられることをお勧めしています。

◎連絡先
長野県茅野市金沢甲4787
TEL:0266−73−4748

◎牛山さんの体験談はほかにもあります。
『ビワと健康』  2019年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症にはビワが一番!