花粉症にはビワ茶と種!

長野県茅野市 牛山幸子 さん

スギ花粉真っ盛り。日本全国数え切れない方々が辛い日々を過ごされていると思いますが、ビワ療法によって劇的に改善した例を紹介させて頂きたいと思います。

まずは私自身です。もう25年ほど前になりますが、長男を出産したのちに人生で初めて花粉症というものに出くわしました。

37℃ちょっと熱が出て頭は重く目や鼻はグジュグジュ、特に夜中は鼻が詰まるので口で息をすると喉が張りつく感覚で、正直な気持ち『殆ど寝れないし、こんなので生きられるのだろうか』と不安になるほど辛いものでした。

きっと花粉症になった方は多少の差はあれ、皆さんそういう辛さを体験しておられるのだろうと推察しています。
どうにもたまらず耳鼻科を訪ねました。何の花粉に反応しているのか、当時は皮膚に何本か傷を付けて検査していました。

私の場合はスギ花粉によるものと判明し、1ヶ月に1回注射による治療を始めました。
毎月1回通って注射をうけ、1年間かけて改善を図り、その成果があって翌年からは殆ど症状が出ないまでに軽減しました。

それでも花粉の飛散量が多い年は熱は出ないまでも目が赤くなるなどの症状はありました。軽くはなっているけれど完治したわけではない状態で、非常に重宝しているのがビワの種(粉末タイプ)です。

症状が出始めるとビワの種を添付のスプーンで三杯飲むだけで嘘のように収まるのです。1時間半くらい経っても症状が収まらないときは、さらに追加して二杯飲めば確実にピタッと収まります。
これを1日か2日行なえば良いわけです。しばらく経ってまた出てきたときには思い出したように飲めば済むので簡単このうえありません。
ただ、去年は少し油断しました。私にはビワの種という強力な秘密兵器があるから大丈夫と全く無防備に過ごしていたのですが、不運にも子供の卒業式の前日に失敗しました。

夜、洗濯物を取り込んで畳んだのですが、それに花粉が付着していたらしく翌朝目覚めたときには目は真っ赤に充血し、鼻もグジュグジュまるで腐ったトマトのように見るに堪えない顔になっていたのです。
子供の卒業式だというのにどうしよう、式の後には謝恩会だってあるのに・・・。こんな状態で夕方までの長丁場を過ごすと思うと途方に暮れ、前日うっかり狭い部屋で洗濯物を畳んでしまったうかつさを後悔しましたが、とにかくビワの種を飲むしかないと一気に五杯飲んで家を出ました。

この日ほどビワの種の威力に感謝したことはありません。卒業式が始まる時間には他人が見ても全く判らないくらい症状は収まっていましたし、結局、帰宅は夜になっていましたが、途中で朝の悲惨さすら忘れていました。
私がビワの種を飲む目安は三杯で、大体1時間半から2時間で症状が収まります。駄目なときはさらに二杯。大事なポイントは「ちょっと変だな」と感じたら直ぐに飲むことです。
薄々異変を感じつつ放置すると症状が出てきて辛い思いをし、慌てて追加で飲むことになります。もっとも、沢山飲み過ぎるとお腹が緩くなることがありますが、自然食品なので害になる心配はありません。

甜茶よりビワ茶!

整体のお客さんの中にも花粉症の方がおられますが、ある女性がビワの種で随分症状が軽くなり、息子さん(30歳くらい)にも勧められました。
しかし、親が勧めても子供はなかなか聞き入れないことはよくある話、この息子さんも「甜茶を飲むからいい」と言って飲まなかったのです。 翌年、それでもシーズンを迎えて気になっていたのでしょう、試しに飲んだところ格段の差にビックリ。
凄く良かったそうで「これスゲーな、お袋」と感激し、職場でも得意になって同僚に話したことで職場の人まで「俺にもそれをくれ」と飲み始めました。
ビワの種は粉でも粒(錠剤タイプ)でも構いません。即効性が魅力です。

保育士さんも感激

ほかにも印象に残る改善例があります。現在16歳の娘が4歳のときですから12年前の話です。お世話になった保育園の先生もひどい花粉症でした。
とても奇麗で可愛らしい保育士さんなのですが、朝、娘を保育園に送った際にハンカチで目頭を押さえ「そうですね、分かりました」と涙ながらにお母さん方と言葉を交わしておられたのです。
まるで悲しいことがあったのかと思うほどで、尋ねたところ花粉症との返事でした。
そこでビワのお茶をお勧めしました。この方はビワ茶だけで症状がうんと軽くなり「本当に有難いです」と喜ばれました。
花粉の飛散量が多い年には多少症状が出ることもありますが、以前とは全然違って、「このお茶のお陰で助かりました」とおっしゃられ、今もずっとお付き合いさせて頂いています。

ビワ茶ボトルを携帯

もう一人、やはりビワ茶で良くなった方がおられます。この男性(42)は営業マンで名古屋や東京などに単身赴任されたりと、忙しくされています。
ビワ茶をお勧めしたのは4年ほど前でした。「ワーッ有難い、全然違う」と言われ以来ずっと愛飲されています。
花粉の多い年に症状が出ても、楽ということです。煎じたビワ茶をペットボトルに入れて持ち歩き、出先でも飲むのだそうです。

出始めに変だなと思ったら直ぐに押さえ込むコツは種もお茶も同じです。本当に体質を変えるとなるとシーズンだけでなく、ずっと飲み続けると良いのでしょうが、人間は調子が良くなると止めてしまいます。
私自身それですが、うんと症状が重く出る人はやはり体質改善の必要があると思われます。クスリではないので続けて飲んでも副作用の心配はないし、良いと思います。

また、ビワ温灸の併用も一層良いと思います。
私は整体で一つのツボを用いた施療で鼻詰まりを解消します。「薬を飲んでも駄目なのに、牛山さんは指一本で鼻の穴を通してくれる」と感謝されます。
この鼻詰まりに有効なツボは、もちろん花粉症でも通りますが、一時的です。花粉症は炎症なのでそれだけでは無理なのです。しかし、種やお茶と併用すれば確実に良い相乗効果をもたらす気がします。
その鼻に直結するツボは首の後ろで少し横に位置します。本当に一点なので説明が難しいのですが、ビワ温灸をその辺りの首の後ろ(付け根)や鼻の脇、こめかみ周辺のツボに当てると改善を助けるはずです。
実際、口には出さなくても花粉症で悩んでおられる方は多いものです。

何はともあれ私は自信を持ってビワ療法をお勧めします。

◎連絡先
TEL:0266−73−4748

◎牛山さんの体験談はほかにもあります。
『ビワと健康』  2010年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症にはビワ茶と種!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入