花粉症、湿疹にビワの種

長野県茅野市 牛山幸子 さん

何年間もビワの葉茶を愛飲している女性(50代後半)は、今年は花粉症の症状が出ず、「全然大丈夫だった」と喜んでおられました。
彼女は本当にビワの葉茶が好きで、毎日煮出して会社にも持参するほどなので、ビワの種に比べてお茶はアミグダリンの含有量が少ないとはいえ、長年愛飲し続けてきたことで体質が変わってきたのではないかと思われます。

また、彼女には二人の娘さんがおられ、一人がビワの種(錠剤タイプ)を愛飲されていました。
その娘さんは湿疹が出ていたのです。病院で診てもらったところ「何が原因か分からないけれど、これはアレルギーですね」と言われたそうです。
アレルギーにビワの種が良いというのは定評です。実際、飲めばすぐに収まるものだから湿疹が出るたびに飲んでおられましたが、最近では湿疹自体出なくなったとのことでした。

彼女はいつも定期的にまとめて商品を購入されますが、母娘とも体質改善が図られた感があり、習慣としてビワの葉茶は続けるものの「もう、うちはビワの種は要らないみたい」と言われ、今回はビワの種を注文から外されました。
ところが、2週間ほど経って改めてビワの種の注文をされたのです。
送料がかからないよう計算して商品をまとめて注文されたのに、わざわざ単品で追加注文されたので不思議に感じました。
娘さんの湿疹が再発したのかと想像しましたが、聞けば意外にもニーズはご主人でした。

これまで花粉症とは無縁だったご主人が、なんと今春、花粉症デビューしてしまったのです。
娘さんが飲まなくなった古いビワの種を試しに飲んでみると目の痒みや鼻水が収まったそうで、「お父さんがね。あれ飲んでいるといいって言うから1本下さい」とのことでした。
結局ご家族でビワを愛飲される形になりましたが、地道に続けることで症状自体出なくなっていくことを考えれば本当に素晴らしい療法だと思います。

◎連絡先
長野県茅野市金沢甲4787
TEL:0266−73−4748

◎牛山さんの体験談はほかにもあります。
『ビワと健康』  2016年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症、湿疹にビワの種
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入