異常しゃっくりが止まった!

長野県茅野市 牛山幸子 さん (51歳)

定期的に整体を続けている80代半ばの男性が、しゃっくりが止まらなくなって困っていましたが、1回のビワ温灸でぴたりと止まった改善例がありますので報告させて頂きます。

この男性は、低血糖や低血圧を理由に入院していました。フラフラして歩行が困難になったそうですが、高齢であるため直接の原因が何だったのかはよく判らなかったそうです。

入院して暫くすると、これまた原因不明のしゃっくりが出始め止まらなくなってしまったのです。
医師や看護士は色々と手を尽くしたそうです。
しかし、収まりかけてもすぐに逆戻りし、一度始まると1日中続くというのです。
10日ほどでフラフラ感が収まり退院されたのですが、しゃっくりの方は収まる気配がなく、私が整体を行っていても気になって仕方ありませんでした。

それというのも普通のしゃっくりと違ってインターバルが極端に短く、だいたい3秒に1回しゃくり上げるのです。
ご本人は痩せており、体力もかなり消耗しているご様子が見られ、お客さんの中には、「あんまり長いことしゃっくりが続くと死ぬという話を聞いたことがあるよ」と教えてくれる方もいて本当に心配になりました。

しゃっくりは横隔膜が痙攣している状態ですが、私は、この男性の場合は冷えが原因で筋肉が硬くなり、痙攣を起こしているように直感いたしました。
そこで、温めることを目的にビワ温灸を当てることにしたのです。

ビワ温灸はとても気持ちが良かったようで、当て終わると「暫く寝ている」と言われました。
私は別室で待機していましたが、暫くして部屋に入って来た男性のしゃっくりは止まっていたのです。

「うとうとしていると息を吸いたくても吸えない状態になって、死ぬかと思って胸をどんどんと叩いたらしゃっくりが止まった」とのことでした。
不思議ですが、これを最後にしゃっくりは完全に収まったのです。
ビワ温灸で胸部や腹部を温めたことが良かったのではないかと思います。

◎牛山さんの体験談はほかにもあります。
『ビワと健康』  2004年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 異常しゃっくりが止まった!