腰痛のポイント

タッチフォーヘルス&ビワ温灸(5)

神奈川県横浜市中区 キネシードライト株式会社 齋藤慶太 代表

「タッチフォーヘルス」(以下、TFH)は、触れるだけで心身のバランスが取れる家庭健康法です。
このコーナーではTFHインストラクターの齋藤慶太先生に、家庭でのビワ温灸使用時に最も効果的にできる方法を紹介していただきます。

今回のテーマは、脚がつらくなるしつこい腰痛です。
私のセンターにはたくさんの腰痛患者が来院されますが、タッチフォーヘルス(TFH)の腎経に問題を抱えていて大腰筋という筋肉からの影響によるケースが特に多いようです。 今回の施灸点は、(1)TFH腎経の脊椎反射ポイント(写真上)と、(2)TFH腎経の神経リンパポイント(写真下)です。


(1)脊椎反射ポイント



(2)神経リンパポイント

ヘソより2〜3cm上で、さらに正中線から2〜3cm左右に離れた箇所。

上に示した箇所にビワ温灸を施しますが、その際、身体が楽になったらやってみたいこと、楽しいことを思い浮かべながら当ててください。
腰の痛みが楽になっていればOKです。

キネシードライト株式会社(ご紹介はこちらです。)
神奈川県横浜市中区元町2−99 ジェイプラザ元町4階
電話:045−662−1456
http://kinesiology.co.jp/

◎タッチフォーヘルス&ビワ温灸
  1. 夏の疲れをとるポイント
  2. 目の諸症状のポイント
  3. 胃、食欲不振、ストレスのポイント
  4. 膝痛のポイント
  5. 腰痛のポイント
  6. 肩こりのポイント
  7. 不眠症のポイント
  8. ダイエットのポイント
◎「キネシードライト株式会社」に関する体験談 『ビワと健康』  2002年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > タッチフォーヘルス&ビワ温灸 > 腰痛のポイント
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入