脳梗塞の後遺症が改善

千葉県松戸市常盤平 谷村接骨院 谷村メグム 院長


脳梗塞の後遺症で通院しているK・Kさん(73歳)が、ビワの葉温灸で目覚ましい回復を見せていますので報告致します。

K・Kさんは、五十肩を患って当院に通ったことがありますが、今回は事情が違っていました。

96年11月に脳腫瘍で入院。97年3月、リハビリを終えて退院され、同年6月半ば、右手の腱鞘炎で当院を訪れました。

退院後も左半身は不自由で、その分右手に負担がかかって腱鞘炎になってしまったのです。

右手の腱鞘炎は低周波、温わん療法、マッサージ等を施してほどなく回復しましたが、左手はほとんど動かない状態でした。

……経緯をご本人に語っていただきます。

  *  *  *  *  *

友人と楽しくお寿司を食べている最中、急にみんな無口になって私の顔を見つめました。

「今日は変よ」と言われて気付くと、食べたものが全部、片側の頬に寄っていました。左手をぶつけても痛くないし、慌てて病院に行ったところ即時入院となりました。

当時は体重が85キロあり、糖尿病患者と同メニューの食事療法とリハビリ生活が始まりました。
看護婦さんに尿意や便意を伝えるのが嫌で、入院3日目には廊下の手すりにしがみついて一人でトイレに行きましたし、6階のリハビリ室に行くにも3階の病室からいったん1階まで降り、そこから6階まで昇るなどして積極的にリハビリに励みました。

スリッパが脱げても靴下が脱げてもまったく気付かず、一時は落ち込みもしましたが、もっと不自由な人の姿を見ると軽度でとどまっていることに感謝しました。

一昨年3月、晴れて退院しました。とは言っても左手は縮こまって感覚がなく、まるで他人の手がくっついているようでした。

6月半ば、右手の腱鞘炎で接骨院を訪ねましたが、院長は左半身(首から手の先、足の先まで)にもビワの葉温灸とマッサージを丁寧にしてくれました。
週5回のペースで通っていたところ、9月半ばから感覚が戻り始めました。化粧水を顔につけた際、左頬に感触を覚えたのです。

それからは徐々に感覚が戻り、卵をつかむ時のような形しか出来なかった指も1本1本単独で動かせ、今では握れるまでに回復しています。

  *  *  *  *  *

……K・Kさんが言うように、一昨年9月初めから左手の小指丘にシワが確認できるようになり、尺骨も現れてきました。2年以上続いたむくみが取れてきたのです。

筋肉の硬縮を回復させる以上にマヒを回復させる方が難しいことを考えると、ビワの葉温灸の効果は本当にすごいと言えます。

ほかにも、温度の変化で鼻がグシュグシュしていたものが、ビワの種の粉末で食べるようになって無くなったということです。
ビワの葉療法をきちんと続ければ、困難な状況でも結果が得られることを、私自身も実感しました。

◎谷村接骨院 (ご紹介はこちらです。)
千葉県松戸市常盤平柳町27−14
電話:047−386−3090

◎「谷村接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  99年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脳梗塞の後遺症が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入