谷村接骨院

千葉県松戸市常盤平柳町27−14 TEL:0473−86−3090


専門の柔整マッサージに加えて電気治療や食事療法、ビワの葉療法などをホリスティック医学の視点から組み入れている谷村接骨院。

患者自身の気付きによる改善を目指し、真摯な対応で評価の高い谷村メグム院長を訪ね、患者の症状の傾向や施術の仕方、ビワの葉療法の効果などについて聞いてみた。

  • この場所に治療院を開設した理由は何ですか?
    私は四国出身で、育った地域は無医村に近い状態でした。不便な反面、自然環境には恵まれていました。学生時代に東京暮らしを経験し、息の詰まる環境からの脱出と地震対策、空気の良さ等を理由にこの地を選びました。治療院を開設してから15年になります。

  • どんな方針で治療に取り組んでいますか?
    リラックスをメインにしています。来院される方は、施術方法や施術者に対する不安を少なからず持っており、それでいて症状は療法や施術者による対症療法で良くなると考えている場合がほとんどです。実際は本人の生活スタイルや食事など、生活習慣に本質的な問題があるのですが、いきなり踏み込んだ話をすれば角が立ちますから、リラックスを図って本音が聞けるよう努めています。

  • 特徴的な治療法がありますか?
    治療法ではありませんが、7年前からプリケアグラフ(末梢血流測定器)を導入しています。血流を測定し、波形パターンによって病気の傾向が把握できるというもので、血圧計やレントゲンなどとは違った効果が得られます。特にガン、脳疾患、心疾患といった三大生活習慣病や婦人科系の症状をつかむ上で優れています。それ以外では、最近始めたビワの葉療法がいいですね。操作が簡単で気持ちが良く、副作用がないうえ大きな効果があります。

  • 具体的にはどんな効果がありますか?
    私自身、鼻の中にできたおできが温灸できれいに取れました。患者さんではアレルギー性鼻炎、冷え症、首や肩の凝り、捻挫、骨折後のギプス固定で生じる拘縮(こうしゅく)の痛みの緩和などさまざまです。股関節の捻挫では指圧や電気よりビワの葉温灸の方が容易に極点を攻められます。患者、施術者ともにメリットがあります。

  • 治療における信条をお聞かせ下さい。
    「わくわくしないと治らない」という言葉があります。患者も施術者も互いに幸せになれるよう心掛けています。1日24時間、治療に費やす時間はせいぜい30分です。あとをどう過ごすかで治りの度合が決まりますが、患者は治りたいのと同じくらい自分自身を傷つける気持ちを持っています。年配者に多い”病床利得”もその一つです。忍耐力をもって見守り、気付きに応じた精神的ケアを最重視しています。どうぞ、安心してご来院下さい。

◎「谷村接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  98年2月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 谷村接骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入