足の浮腫が劇的に改善

福岡県嘉手麻市 Warm up Room 岩佐栄子 代表

今年の2月か3月、まだ寒い頃でした。

右足がパンパンに腫れ上がって痛みがあり、歩くことも困難な状態に陥っていた女性(90歳くらい)のお家を訪ねました。

特に膝から下が腫れていて、併せて静脈瘤もあり、見た目にもゴツゴツとした感じでした。

足の皮膚はどす黒い紫色で、爪も白濁して透明感がなく、そのうえ黒ずんでいて見るからに不健康な色でした。
また、手の爪も白くなっていました。
足以外にも腰や肩の痛みを訴えられましたが脚(膝下)の痛みは、むしろ腰が原因のようでした。
施術は、ビワ温灸器二つを両側から挟み込む打ち抜き灸を中心に、足首、足の甲、膝、太股辺りまでしっかり当てていきました。
30分が経った頃、足の爪の色が変わってきました。
黒っぽい感じが消えてきたのです。
血流が悪く、足の甲など、どす黒い紫色をしていましたが、血流の改善に伴って皮膚に明るさが戻ってきました。

僅か30分で見る見る変わっていく皮膚や爪の色を見ながら「これはいけそうだな」と手応えを感じましたし、ご本人もビワ温灸の良さを感じて「続けて受けてみよう」という気持ちになられ、週1回の割合で伺うことになりました。
通い始めて1ヵ月も経たないうちに、むくみが取れました。
腰から背中にかけてもしっかり当てるので徐々に回復が進み、痛みが軽減して、伝い歩きの状態から、少しづつ普通に歩けるようになっていきました。
7月末にご主人が亡くなられ、8月は2、3回施術を休まれました。
それでも順調に回復され、今はもう畑の草取りに精を出し、買い物にも出かけたりしておられます。
施術を始めた当初は、腰も少し前かがみの姿勢になっていましたが、今では、かなり背筋がしゃんと伸びておられます。

それというのも彼女はとても意欲的な方で朝目覚めると足を動かしたり、体操をしておられ、年齢の割に速く改善が進んだと感じています。
そもそも足のむくみや痛みの症状は、過去の病気も影響を及ぼしているようでした。
20年前には大腸ガンの手術を受けておられ、50年以上前には子宮を摘出されていて、さらには肝臓も良くなくて病院通いをされていたのです。
ご高齢なので目茶苦茶元気とまでは言えませんが、毎朝6時には起きて草取りをされているのですから十分、お元気です。
もし、ビワ温灸に出会っていなければそのまま動けなくなっていた可能性だってあるわけで、ご本人は喜ばれ、いつも手を合わせて下さっています。

ビワ温灸・施術のコツ

施術についていうと、通常1時間としています。
肩や頭も痛いと言われることもあるので、その時の状態に応じて配分を変えています。
それでも足には「湧泉」「太衝」「三陰交」「足の三里」など代表的なツボには打ち抜き灸を欠かさず施しています。
彼女は肌が過敏で、悪い部位にビワ温灸を当てると「痛い」とか「熱い」と言われたり、感電痛のようにお尻に当てているのに足先まで響くといったことがあります。
そういう時は、同じ部位ばかり攻めるのではなく、ひとまず5センチくらいずらして他の部位に当て、再びそこに戻るようにしています。
すると二度目は痛みがなく「今度はいいよ」となるのです。
最近では手の爪の色も変わってきましたし、持病の肝臓の数値も改善してきて喜んでおられます。

もちろん、肝臓やみぞおち辺りにもビワ温灸は施しています。
因みにビワ温灸を使わなくても足が黒く変色していた方が彼女同様、改善した例があります。
その方はご自分で足の指を押したり、揉んだり、指間を広げるマッサージをして頂きました。
静脈瘤の疑いもあったので「病院に行かれた方が良いですよ」とアドバイスさせて頂きましたが、マッサージを1ヵ月続けたことで改善し、医師から「もう良くなっているから来なくていいよ」と言われたそうです。
結局、血液の循環が悪いことが最大の問題なのだと思います。
膝は腎経に繋がっているので、そこが悪くなると排尿にも影響を及ぼします。
ビワ温灸を用いればより効果的です。どうぞ、ご活用下さい。

◎癒し空間 Warm up Room
福岡県嘉手麻市鴨生798−1
TEL:090−9405−4849

◎「癒し空間 Warm up Room」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 足の浮腫が劇的に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入