夫の痛風がビワ温灸で改善

福岡県嘉麻市 Warm up Room 岩佐栄子 代表

ビワ療法を併用した施術でお客様に喜ばれていますが、まず以て家族が大いに助けられていますのでお伝えしたいと思います。

私の主人(54)は長年、痛風で苦しんできました。最初に症状が現れたのは30歳のときで、足の親指の腫れから始まりました。

当初は右足だけでした。やがて左足に痛みと腫れが交互に出るようになり、外くるぶしが腫れ、膝にも水が溜まるようになり、さらには足の腫れに伴って足首が徐々に硬く固まっていき7〜8年前から正座をすることが困難になってしまいました。

初めは1年に1回だった発症は、年月を重ねるにつれて2回、3回と頻繁に起こるようになりました。
特にお酒を飲む機会が多かったとき、例えばお正月の後とか、仕事が忙しくてストレスが溜まったときなど如実に発症しました。

主人は若い頃に比べて体温自体は低くなっていませんが、足の冷えが感じられました。椅子に座ったままの仕事で運動不足だったことは否めません。
田舎のことですから仏事は個人宅で行なうことが多く、お寺で行なわれてもやはり正座はできません。
事あるごとに「正座がしたい、正座がしたい」とこぼしていましたが、子供の結納のときですら正座ができず、歯がゆい思いをしたのでした。
何としても治そうと遠方の病院にも足を運んだりもしましたが、結局治りませんでした。

どこに行っても医師から運動の必要性を指摘されるのですが、いざ運動を始めると痛みが出て、すぐ膝に水が溜まって逆効果となってしまうのです。
とりわけ症状が重かった3〜4年前は、痛みがくるぶしに出たかと思うと膝に上がり、そこが良くなりかけると今度は反対側のくるぶしに出て、そして膝に上がり・・・、グルグル、グルグル痛みが廻り廻って2ヶ月間苦しみました。
歩くこともままならず松葉杖をつき、家の中ではキャスター付きの椅子にもたれかかって移動し、トイレも少の方だとベッドのそばで済ませるなど本当に大変だったのです。
幸い、仕事はデスクワークなので続けられました。とはいえ、長時間椅子に座っていれば脚がむくむので横になっていた方が良いのかもしれませんが、そうもいきません。

何年間も悪循環を続けた末にとうとう観念し、一昨年から尿酸値を下げる薬を飲むようになったのです。
一度薬を飲み始めたら止められなくなることを危惧して躊躇してきましたが、やむを得ません。
お酒もなるべく控えるようになりました。それでも尿酸値は下がり切らず時折、発症していました。

下肢部の硬直が緩和

そんな中、昨年7月に遠赤外線のビワ温灸器と出会ったのです。これが転機となりました。
主人はお風呂上りに温灸器でせっせとお腹や脚などを温め始めました。これが非常に良くて、痛みは出なくなりました。
症状が出ないばかりか固まっていた下半身(太股や足首など)がどんどん柔らかくなり、最近は、表現はよくありませんが、いわゆるヤンキー座りが出来るまでに改善したのです。

外出時には洋式トイレを探さねばならなかったのに和式トイレでも大丈夫になったということです。
今年3月からは薬も必要なくなりました。
代わりに漢方の先生に相談して始めたのが「サンザシ」という民間薬です。
中国では一般的で糖尿病の方も服用するそうで、肉を食べた後など蛋白質等を分解する働きがあるといいます。
これを1日3回、朝昼晩食後に飲み、ビワ温灸と併用したのです。

主人のビワ温灸は続けるときは毎日で、通常は3日に1回くらいです。
最近では短時間であれば正座も出来ますし、体重は4kg減量しました。
食事を玄米に切り替えたとはいえ割と大食ですから食事療法というよりはビワ療法の効果が現れているように感じます。
脚に溜まった水毒が取れ、かつては全く見えなかった外くるぶし(骨部)が両足とも現れています。

お客様(女性、60代前半)で、同様に膝を痛めている方がおられます。
十数年電気治療で病院に通っても良くなっていませんが、通うこと自体が日課のようになっています。
この方の場合は、内くるぶしの下がぷっくりと腫れていましたが、週2回、ビワ療法を併用した施術を続けるうちに3ヶ月目でくるぶしが見えるようになり、同時に足首もよく動くようになりました。
ただ、農業をされていて痛みが取れるとついつい無理をして、時々痛みが出てしまうこともあります。

熱感あればビワ湿布

この方は、膝に熱感があり赤みを帯びているため直接ビワ温灸を当てることが出来ませんでした。
初めのうちは当てていましたが、後で足がだるくなると言われるのです。

そこで炎症を抑えるクリームにビワエキスを混ぜ込んでリンパマッサージを行なう方法に変更しました。
くるぶしの腫れとお腹や背中、腰部等にはビワ温灸を行ないました。
また、ご自宅にあるビワの木から葉を採りビワ茶を作って飲んでもらうようにし、膝に熱感があるときは、主人にも行なった方法で、じゃがいもと小麦粉、ビワエキスを混ぜて湿布して頂きました。
コツコツと続けるうちに余分な水分、水毒が取れ、施術開始時に比べると2圓梁僚展困箸覆蠅泙靴拭

彼女は18歳の時からずっと身長150cm、体重57圓世辰燭修Δ如△匹海良賊,任癲崛蕕擦覆気ぁ廚噺世錣譴討い燭修Δ任后
どうしても痩せられず諦めていただけに、「なしてもっと早く出会わんやったんやろか〜」と感激されました。
彼女と異なり主人の膝は表面的には腫れている感じがなく、水は溜まっているけれどむしろゴツゴツしていました。
2009年にはトリガーポイントの注射でよくなればと入院もしたのです。
その間も痛風の症状は出て本当に深刻でしたが、ビワ療法に出会ったお陰で松葉杖など必要の無い普通の生活に戻れたのです。

膝が良くなり畑の草刈をしてくれたり、1歳7ヶ月の孫の手を引いて遊んでやったりと「膝が悪かったらこんなこと出来んかったよね」と感慨深そうに話しています。
まさに、以前とは生活が全く違うものになり感謝以外ありません。

◎癒し空間 Warm up Room
福岡県嘉麻市鴨生798−1
TEL:090−9405−4849

◎「癒し空間 Warm up Room」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 夫の痛風がビワ温灸で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入