深刻なヒザ痛が改善!

福岡県嘉麻市 Warm up Room 岩佐栄子 代表

むくみを伴うヒザ痛の改善を二例ご紹介させて頂きます。

初めにご紹介する方は、64歳の女性です。うちに通うようになられて2年経ちますが、当初、10年来のヒザ痛は深刻で、殆ど曲げられない状態でした。
5年ほど病院で電気治療を続けてこられ、その前の5年は整骨院に行かれていたとのことでした。
しかし、治療の甲斐もなく悪化は進行していったのです。
私は体操教室を主催していますが、その方は、たまたま同じ運動施設にヒザの改善を図る目的でプールでの水中歩行をされに来ていました。それが2年前の出会いでした。

プールから出て着替えを済ませた彼女が、偶然、私の体操教室を覗かれて興味をもたれたのでした。
「良かったら一緒にされません?」とお声掛けしたところ入ってこられました。
ところが、いざ一緒に体操を始めてみるとヒザはまるで棒のようで前屈、後屈どちらも全く出来なかったのです。
むくみもかなり酷いものでした。体全体にむくみが感じられるのですが、特にふくらはぎや内くるぶし、外くるぶし、足首が腫れていて、くびれがなく、ヒザ周りにも全くシワがありませんでした。

内心、『あ〜、これはとんでもないなぁ』と思いました。それでも、姿勢や足首を整える方法を行なうことで多少可動域が拡がりました。
これほどの症状は、体操教室だけでは改善しないと感じられたのでビワ温灸の施術にお誘いしました。
その方はビワ療法についてご存知ありませんでしたが、体操教室の生徒さんで五十肩がビワ温灸で改善された方がいて、「私もビワで治ったんですよ」と口添えして下さったこともあって施術を受けられることになりました。

少しずつ、確実にむくみが取れていた・・・

しかし、思いもかけずそこから私の苦悩の日々が始まったのです。
いくら施術してもなかなか改善がみられなかったのです。それどころかビワ温灸を施すと却って足が重くなるのです。
もともと足が重くて階段を上がるのが大変でしたが、「ともかく足が重くなる」と言われるのです。

整体の先生やビワ療法の先生に相談してみても、珍しいケースですね、とのことで策が見いだせず困ってしまいました。
3ヶ月くらいは殆ど改善は進みませんでした。
それでも、ビワ温灸を行い、オイルにビワエキスを混ぜてリンパマッサージをするなど試行錯誤の状態で施術を続けました。
思うように改善が得られないことに苦悶しましたが、そんな中でも改善が進んでいたことに気づきました。
変化がみられないと思っていた3ヶ月間でしたが、施術の途中で必ず2回ほどトイレに立たれるのです。
リンパの流れが良くなり少しずつ、しかし、確実にむくみが取れていたのです。

3ヶ月が過ぎるとふくらはぎが柔らかくなってきて、腫れが収まるにつれて脚の重さも軽減し、ビワ温灸と整体が普通に出来るようになり、階段も楽々上がれるようになっていかれました。
痛みについては右ヒザの少し下、内側に強く出ていました。
懸命に施術に取り組む中でヒザの内側の痛みについては、恥骨の少し下の縫工筋とか薄筋の辺りを柔らかくするべく、調整しないと痛みが取れないことが分かりました。
そこを施術し始めてからは改善は早いもので、むくみとともに痛みは取れていきました。

正座もできるほどに改善

半年経った頃には、驚いたことに正座も出来るまでになられました。
ここまで改善したとき、初耳ながら右手のシビレも改善したことを打ち明けられました。
体にねじれのある人は、例えば上半身の右側に痛みがあると下半身では左側にシビレ等の症状が出たりします。
一方、体のねじれが殆どなくて、ヒザが悪いせいで右側に負担が掛かっている場合だと、右の肩が落ちることで右の首や右腕に症状が現れることがあるのです。

彼女は農業をされているので草取りなどをすると痛むため現在も週2回来られています。
良くなれば良くなっただけ農作業をされるので仕方のない面もあります。
かつて彼女のお母様もヒザが悪く、車で病院や治療院をあちこち連れて回られたそうで「自分は治ることが出来たから幸せ者だ」と言われ、「母が生きていたらここに連れて来たかった」とも話しておられました。
自身がヒザ痛になり、なおさらお母様の辛さが感じられたのだと思います。

もう一人の方は70歳の女性で、2年ほどヒザ痛を抱え週1回の頻度で水抜きをされていました。
この方も脚のむくみが酷く、ヒザ周りは腫れてシワがなく、足首のくびれもないような状態でした。
やはり施術中にトイレに立たれ、徐々にむくみが取れていきました。
実はこの方は看護師さんで頻繁に水を抜くのは良くないという意識を持っておられました。
そこで娘さんがインターネットで検索し、うちのホームページを見て連れて来られたのでした。

当初はマッサージを行なうとかなり痛がっておられました。
車で片道小1時間掛かるのですが、本気で改善を図るには週2回の施術が必要であることをお話しました。そうでないと、戻ってしまうのです。
彼女は病院で水を抜くのを止め、週2回きちんと通われました。昨年の秋にビワ温灸器を購入されてからはご自分でも当てるようになられました。
うちは坂を上がった場所にあるため、「イタタ、イタタ」と上がってこられ、帰りは楽になって、辛いはずの下り坂を軽快に歩かれる姿を見て、娘さんも驚いておられました。
この方はヒザの外側に痛みがありました。
外側の場合は、坐骨、太腿骨付近に硬結がみられます。その部位に向けて臀部の方からビワ温灸を施していくのです。
むくみを取るには腹部とともに背部の腎経のツボを時間を掛けて温めていくと良いのです。

私は食事指導もさせてもらっていますが、彼女はかなりスリムになってこられました。
やはり、ヒザ痛は肥満とも関係が深いので体重の管理も大切な要素となります。
お二人の改善を通して私もヒザ痛の対処には自信がつき、最近はかなりむくみがある方にも「大丈夫ですよ」と言えるようになりました。

◎癒し空間 Warm up Room
福岡県嘉麻市鴨生798−1
TEL:090−9405−4849

◎「癒し空間 Warm up Room」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 深刻なヒザ痛が改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入