花粉症の苦しみを克服

福岡県嘉麻市 癒し空間 Warm up Room 岩佐栄子 代表

ビワ療法により私自身は、花粉症で本当に助けられています。

今年はピークの2月半ば、目が痒くて薬を使おうかなと挫折しかけましたが、薬を使っても鼻には効いても目の痒みには今一つなので我慢し、安保徹先生が推奨するタンポポとヨモギに塩を加えた酵母液をビワ療法と併用しました。

この酵母液を目や鼻に差しますが、塩が入っているため非常に滲みます。とても痛いけれど痒みが収まるので、痒いときに目に差します。

しかし、なんといっても私の花粉症は鼻詰まりが一番深刻でした。夜は全く鼻呼吸が出来ないため、これまではメントール系の塗り薬を鼻の穴の内側に塗り、喉が渇かないようにマスクをして寝ていました。

私の花粉症は18歳のときからで、まだ花粉症という病名ではなくアレルギー性結膜炎と呼ばれていた時代でした。
とりわけ辛かったのはお産のときでした。薬を飲むことが出来ないため鼻が詰まると食べ物を噛むことが出来にくく、満足に食事が取れず夜は睡眠不足でやつれてしまいました。

昨年は内科で薬を処方して頂きました。最近の薬は眠くならず良いのですが、それでも薬は薬です。
免疫力が低下するようで副作用として口内炎や口唇ヘルペス、顔や体に湿疹が出来たりと大変でした。
湿疹は体の皮膚の薄い部分、内股辺りなどに出ましたが、ビワの種はこうしたジンマシンでの改善例も多く、便秘などにも良いのでビワエキスとともに一家に一本、常備しておくべきだと思います。
特に私のようなアレルギー体質の方には欠かせません。

ともかく今年はビワの種のお陰で薬なしで過ごせたわけで、本当に凄いと感じました。
朝と夜、粉末タイプのビワの種をティースプーンに一杯飲んでいれば、全く鼻詰まりしないのですからこれほど有難いことはありません。
たまに昼間症状が出そうになっても、すかさずビワの種を飲みさえすれば30分後にはすっかり収まるのですから楽ちんです。

私の母(77)も10年ほど前から花粉症になりましたが、ビワの種を瓶に小分けしてあげたところ「あれ、効くから」とお友だちにも勧めていました。
母は私ほど症状が重くなく、私には注意が足りないように映ります。
私は花粉症の季節になるとマスク、眼鏡はもちろん帽子を着用し、ナイロン系の上着しか着ません。そして絶対に屋外に洗濯物を干したりはしません。
ましてやお酒を飲むなど考えられません。
母はお化粧が崩れるのを嫌ってマスクをしませんし、鼻が詰まるわけで、なぜ花粉症の季節にお酒を飲んでわざわざ鼻を詰まらせているのか、私には理解が出来ません。
そうはいっても母も辛いらしく、ビワの種と出会えて良かったようです。

孫のアレルギーにも

1歳8ヶ月の孫(男の子)は牛乳と卵のアレルギーが少しあります。白身の魚でも目の周りが真っ赤になったときがありましたが、ビワの種を食べさせると程なく赤みは引きました。
母親である娘が言うには、膝の裏がカサカサしたときに耳掻き一杯舐めさせておくと翌日には治っているようです。
「母さん、ちょっとビワの種舐めさせといて」と娘に頼まれると、「こっちにおいで〜」と孫を呼び、ビワの種を舐めさせます。
孫は喜んでやって来て、ペロペロっと舐めてご機嫌です。ビワ茶も飲ませています。
こうしてわが家ではビワ療法は大いに活躍し、薬ではないけれど万能薬として愛用しています。

◎癒し空間 Warm up Room
福岡県嘉麻市鴨生798−1
TEL:090−9405−4849

◎「癒し空間 Warm up Room」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症の苦しみを克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入