『ガン生還者に学ぶ会』

【活躍する人たち】 福浦さゆり さん

ボランティア活動として『ガン生還者に学ぶ会』という団体を立ち上げ、今年で4年目になります。

当会は、長崎県民ボランティア活動支援センターに登録された、およそ200団体の中の一つです。
関心のある方は、ホームページを観て頂きたいと思います。活動としては月1回の勉強会と年2回の講演会を開催しています。
お招きする講師は進行ガン、再発ガン、あるいは末期ガンから生還された方々で、体験談を中心にお話して頂いています。

この会の発足のきっかけは11、2年前、私が卵巣ガンの郡で入院治療をしていた時に遡ります。
同じ病室に、片岡千恵子さんという女性がいました。彼女は卵巣ガンの鹸でしたが、人として非常に素晴らしく、皆さんからとても慕われていました。
残念ながら亡くなられましたが、生前「もし私が死んで天国に行ったら空の上から同じ病気で苦しんでいる人を励ましたい」とおっしゃっていました。
私は『自分がなぜ生かされているのか・・・』と考えたとき、『片岡さんが空の上から励ますのであれば、自分は手足を使って片岡さんのお手伝いをしよう』との想いに駆られたのです。
入院当時は片岡さんと同様、私も厳しい状況でした。いわゆる進行ガンで、手術で腫瘍は全部は取り切れず、残りは抗ガン剤治療ということになりました。
その頃を振り返ってみた時、自分がして欲しいと望んだことを行なうことが彼女のお手伝いになるのかな、と思えたのです。

ガンが治った人に会える

闘病中に私が一番望んだことは『治った人に会いたい』ということでした。
誰からも「治りますよ」と言ってもらえない。一体、どこに行けば治った人に会えるのか?と悩みました。
今ほどインターネットは普及していませんでしたし、ガン患者の団体はあっても情報を集め切れない状態でした。
たまに目にする体験談は、あたかも高価な医薬品やサプリメントの宣伝用としていて掲載されていて、そういうところには足を運ぶ気にはなれません。
また、東京などでセミナーを行なっている情報を得ても、ガンの患者さんは経済的にも厳しくなりますし、体だってきつくて遠方には行けないわけです。
そこで、『地元長崎で小さくても構わないからガンを克服した人と会える場を作ろう。それが私のお手伝いかな。一市民、一患者、一人の平凡な主婦である私が細々とでもやっていける活動。そこに意味があるのかもしれない』と考えたのです。
ガンの患者さんは体調が不安定なので、いつ来れるか分かりません。
そうした事情を考慮して「月1回この場所で開催していますよ。その時、体調が良ければ来て下さい」とオープンにしています。
会費はありません。勉強会の参加費は300円、講演会は1,000円です。運営は講師の交通費や謝礼で赤字、もしくはトントンといった感じです。

ビワ温灸の効果を実感

さて、ビワ温灸に関しては、まず私自身が助けられました。卵巣ガンで腫瘍がお腹のあちこちに拡がり、腹膜も癒着して、ちょっと食べ過ぎたりするとすぐに腸閉塞を起こして病院に舞い戻って来る人は多いのですが、私はそういうことが一度もありませんでした。ビワ温灸のお陰だと思います。
私は今でも、毎日ビワ温灸を行なっています。お腹に当てていると腸がグルグルと動き出し、腸閉塞の予防になっているのがよく分かります。
私が当てて差し上る中で劇的だなと感じるのは、ガンの方に限らず、動かなくなった肩の改善です。
たった1回当てただけで動くようになった方が何人もおられます。乳ガンの人は肩がこっている方が多く、「肩こりが取れました。気持がいい」と言われます。
また、私もそうでしたが、ガンの方の多くは背中がこわばっています。仙腸骨、尾底骨、そこから背骨の両脇を小刻みに首の辺りまで当てていくと、特に背中の真ん中から肩甲骨にかけて「気持ちがいい」とか「痛みが取れた」という声を聞きます。
考え込んで眠れないという人には、髪の毛の生え際を前方から後方に向けて当てていきます。
悩みを抱え不眠に陥っている人は首や肩が強くこっていますが、ビワ温灸で温めると精神的にもリラックスでき、副交感神経の働きが優位になります。
私の当て方は、治療家ではないので基本のツボを一通り押さえながら、自分なりに『ここも当てると良いのではないか』と体験的に感じる箇所をプラスしたり、月刊『ビワと健康』に掲載されている症状ごとのツボを参考にしています。
基本的には、ガンという病気は全身病ですから全身に当てるようにしています。

「楽になった〜」と喜ばれる

ここで、改善の具体例をいくつかご紹介します。
私の友人(50)は、五十肩で何ヶ月も病院に通っていたけれど全く治らないとのことでした。
「じゃ、当ててあげようか」とビワ温灸を試したところ、1回で腕が上がるようになりました。
あまりの即効性に本人はとても感動し、即、ビワ温灸器を買い求め、自分で当てるようになりました。
彼女の場合はガンではなかったので腰から頭にかけて上半身だけ、腕に流す感覚で当てました。
私は老人ホームにも友人がいます。
その友人がボランティアでホームの植木の手入れをしたのですが、翌日、「朝から体が動かない」というので、お見舞いがてらビワ温灸器を持参しました。余程気持ちが良かったらしく途中で寝息が聞こえ、終わったときには肩や腕の痛みがすっかり取れていて「楽になった〜」と喜ばれました。
乳ガンの方にも当てて差し上げたことがあります。
娘さんが「母が乳ガンの終末期ですが、ビワ温灸をしてもらえませんか」と電話を下さいました。
ご自宅を訪ねると、お母様は全身パンパンにむくんでいて、素人目にも病状は深刻でした。
全身への再発、転移で治療は不可能となり、在宅で介護されていたのです。
呼吸をするのも辛く、うつ伏せができないため、背中は横向きで当てました。
ガンも末期を迎えるとビワ温灸すら辛くなるケースがあります。その場合は足周りだけに止めることもありますが、この方は背中に当てても大丈夫でした。
目を細め「気持ちいい」とおっしゃられ、翌日は、「痛みで長い間眠れなかったのですが久しぶりに朝までぐっすり眠れました」と感謝されました。

前向きな生き方に感動

同様にガンの末期ながら、入院先からバスに乗って訪ねて来られた女性(87)がおられます。
この方は肺ガンでモルヒネのパッチシールを貼っておられました。
そういう病状で87歳という高齢にも拘らず、講演会のチラシを見て来られ、「ビワ療法ってどんなんですか? 興味があるんです」と言われるのです。
私は、この女性の生きる姿勢に感動を覚えました。
たった1回のビワ温灸で、回らなかった腕が回るようになり、「ぐっすりと眠れて体調が良くなった」とおっしゃられ、後日、ビワ温灸器を購入されました。
それから2ヶ月足らずで亡くなられましたが、常に自分で出来ることに意欲的で前向きな方でした。
もう一人、肺ガンの女性(70代)がおられます。
この方は、術後の経過は順調で2年ほど経っていて、現在はビワ温灸でご自分でケアをされています。
この方がおっしゃるには、年に1、2回すごく体調が良く、まるで若返ったように体が軽くてピョンピョン跳んで回りたい日があるそうです。
ビワ温灸を初めて受けた翌日が、まさにそういう状態となり、「ああ、良いんだな。これを毎日やったら体はきっと良くなるな」と直感して、購入されたとのお話でした。

自分で温灸するメリット

治る、治らないということは置いといて、気持ちが良い、体が楽になる、動かなかった部位が動くようになる、眠れるようになる、こういったビワ温灸がもたらす効果は、本当に素晴らしいと私は思います。
治療家の先生から施術を受けるのも良いですが、自分の都合の良い時間に、自分が納得いくまで行なえることも大切だと感じます。
とりわけガンの患者さんは自分で治そうという意識、行動が大事です。
現実的に眠れたり、体が楽になれば、気持ちも明るくなります。
反対に体調が悪かったり、眠れないと気持ちは落ち込んでいきます。いくら「前向きに」と言われても難しいのです。
ビワ温灸を通じて少しでも体が楽になれば、『コツコツ続けていくと良くなるかも・・・』と希望が湧いてくると思います。

さて、冒頭で当会が今年4年目を迎えたことをお話しました。
通常、5年とか10年を節目として記念行事が行なわれますが、私は4と9の数字に拘っています。
一般的な語呂合わせでは、「四苦」として忌み嫌われる数字なのですが、4と9で「よくなる講演会」と掛けて特別企画を行ないます。
私は3回入退院をくり返しましたが、最後に退院したのが4月9日でした。
「お釈迦様へのてがみ」という本を著しましたが、お釈迦様の誕生日は4月8日ですから、4月9日だと最悪で、当初は見放された気分でした。
ところが、ある本に4と9で「良くなる」と書かれていて、「あっ、本当だ。ラッキー!」と思いました。
考えてみると、私の尊敬する片岡さんの誕生日は4月で、亡くなられたのは9月でした。
やっぱり、4と9です。そういうことに縁を感じて、4月と9月に講演会を開催しています。

◎連絡先(メールアドレス:lukycatbee@yahoo.co.jp)

●「ガン生還者に学ぶ会」のホームページはこちらです。

◎福浦さゆりさんの紹介記事(活躍する人たち)

◎福浦さゆりさんの体験談
『ビワと健康』  2014年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 活躍する人たち > 『ガン生還者に学ぶ会』
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入