病気治しは生き方直し

【活躍する人たち】 福浦さゆり さん

お釈迦様に宛てて人にはいえない思いや悩みごとを手紙に書き始めて4年、突然、卵巣ガンと診断されガン患者となった福浦さゆりさん。

手術をうけ、抗ガン剤治療による闘病生活を送る中で悩み、苦しみ、行き詰まり、そして自然療法と出会って専念することで生還を果たしたが、振り返れば全ての事柄を通じてお釈迦様が返事を下さったのだという。
病気をするまえより、いまがずっと幸せというだけに声は弾み、笑顔もさわやかだ。
抗ガン剤で限界を迎えたとき「ガンの患者学研究所」と出会った。そこで初めてビワ療法の存在を知ったが、後に地元の人からかつて原爆症を柿やビワの葉で治した例があることを聞いて驚いたという。

性格は一途であるらしく、ビワの葉を煎じて飲んだり、粉末の種を豆乳に混ぜて飲んだり、ビワエキスで乾布摩擦したり、葉や枝をお風呂に入れたりとあらゆる方法を試し、その熱心さに感心した農家の人からビワの木を借り受けている。
また、上京してビワの葉温熱療法について学びインストラクターの認定も受けている。
現在の生活は、玄米菜食をベースに午前中は郭林新気功、夕方は遠赤外線のビワ温灸を毎日欠かさず続けている。
手術の影響で腸閉塞になり易くてもビワ温灸はそれを予防する。冷えたり、重いものを持ったり、立ち仕事をしてお腹が張ったときビワ温灸で軟らかくなるという。

「何事も偶然はありません。ガンが単なる不運なら外れくじを引いてゲームオーバーってことなのでしょうが、人生はゲームではありません。病気を治すことは最終目的ではなく、病気によって自分の生き方を変えていく。そのチャレンジこそ病気を治すことだと思うのです。私もその過程ですが、こつこつ頑張りましょう」

今夏、平凡な主婦の末期ガンから生還の記録として『お釈迦様へのてがみ』(写真・長崎文献社刊、定価1,200円+税)を上梓してからは友人や知人を通じてガンの患者さんから相談を受けることが多く、親身になって体験を語っている。

◎連絡先(メールアドレス:lukycatbee@yahoo.co.jp)

◎福浦さゆりさんの紹介記事(活躍する人たち)

◎福浦さゆりさんの体験談
『ビワと健康』  2006年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 活躍する人たち > 病気治しは生き方直し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入