ビワエキスで重度の化粧かぶれがきれいに

長崎市 ガン生還者に学ぶ会 福浦さゆり 代表

私は19年前に卵巣ガン3期を患い、それ以来、ビワ療法に助けられています。
先月号の『ビワと健康』にビワの葉の効果について記事がありましたが、私もビワの葉の良さを実感している一人です。

2年ほど前、テレビの密着番組で人気ベテラン女優が足にビワの葉を貼っているのを見たときは嬉しくなりました。
ビワの葉は腰やお腹が痛いときに、さっと火であぶって患部に貼っておくと楽になります。
これは本に書いてあったのですが、元々はビワの葉の裏側にお経を書いて、それをロウソクの火であぶり、患部に当てていたそうです。
最初は単なるおまじないだろうと考えていました。ところが、テレビで野菜を50度のお湯に1分間漬けると、野菜の成分がグッと上がり、軽い殺菌もできて一石二鳥というのを見て、昔の人は火であぶることによって殺菌も兼ねて効能が増すことを体験的に知っていたのだろうかと思いました。
また、野草の会で山を散策したとき、ビワの木を見つけると、会員の皆さんが葉っぱを取って靴に入れ、インソール代わりにしていました。そうすると不思議なくらい足が疲れません。

温灸などで使うビワエキスも、常備しておくといろいろ助けられます。最近、ビワエキスで感謝されたことがありましたので、ご紹介したいと思います。
知人のKさんが化粧品を変えたところ、顔が腫れ上がってきたそうです。病院の薬でも治らず、とうとう化膿して膿まで出てきたそうです。
困り果てたところで思い出したのが、「何かあったときに使うといいよ」と差し上げていた、手作りのビワエキスです。
薬や化粧品を全部やめてビワエキスだけを塗ってみたら、きれいに治ったそうです。その効果に感激して、わざわざ電話をくださいました。

手作りのビワエキスというとホワイトリカーに漬けたものが一般的ですが、剪定後などで枝葉がたくさん手に入るときは、全部を刻んで半分ぐらいになるまで煎じて作ることもあります。こちらはアルコールで作ったものに比べて日保ちはしませんが、肌の弱い部分などに使うことができます。
私は長崎に住んでいながらビワのことを果物としてしか知りませんでした。病気をきっかけにビワ療法に出遭い、お釈迦様の時代から多くの人を助けてきたことを知って感動しました。そうやって消えることなく伝えられてきた実績は、実験室で得たエビデンス以上のものだと思います。

11年前から地元・長崎で「ガン生還者に学ぶ会」という患者会を運営し、ビワ療法についてお話させていただく機会もあります。
薬事法上「効きます」とは言えませんが、こうして今も元気に体験として伝えられることに感謝しています。
◎連絡先(メールアドレス:fhb114456@ant.bbiq.jp)

◎福浦さゆりさんの紹介記事(活躍する人たち)
◎福浦さゆりさんの体験談
『ビワと健康』  2021年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワエキスで重度の化粧かぶれがきれいに
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。