鍼灸院ソレイユ

東京都世田谷区尾山台2−7−14 TEL:03−5706−3389


親身なアドバイスと丁寧な施術が評判の鍼灸院ソレイユ。

松下春代院長は、「治療の主役は本人、治療家はそのサポーター」を信条とするだけに、「自分で自分の身体を知り、健康を維持・回復できる人になってもらえるよう、微力ながらお手伝いさせていただいています」とあくまで謙虚だ。

そんな松下院長が、施術の柱としてビワ温灸を併用している。話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    長年、絵画を続けていたせいか肩こりがひどく、鍼灸院にかかりました。それが非常に良かったため、家族にもしてあげたいと思い鍼灸の学校に入りましたが、学ぶうちに人間の神秘を実感し、資格取得後、自然の流れで開業しました。
    今年で15年になります。

  • こちらの治療院の特徴は?
    通常の鍼灸のほかに八経を中心に行う奇経療法や磁石を用いるPIA療法、レーザー治療、リンパマッサージ、ビワ温灸等を併用しています。
    また、娘がホメオパシーをやっていますが、いずれも身体にやさしい療法です。
    近年、痛みを伴ったり痕が残る鍼や灸の治療は敬遠され気味で、特に若い女性にその傾向が顕著です。
    私は、「気持ちがいい」ということが治療にとって大切な要素だと考えます。
    それに、人間は一人ひとりが宇宙であり既製品を扱うようにはいきません。治療法は画一的に決められませんし、改善の過程でも変化します。その都度、相応しい施術を心掛けています。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    13年前、その気持ち良さに感激して導入しました。
    人は生まれるとき母から血と水を受け、産声を上げた瞬間に大気の気を得て人間として不可欠な気・血・水が整うといわれます。病気は、気が病んでいる状態です。ビワの葉には自然界の気が満ちていて、温灸の温もりはリラックス効果に優れています。気はリラックスしないと入りません。最近は、通常のお灸は大椎に施す程度であとはほとんどビワ温灸を行っています。

  • 改善例を教えてください。
    とにかく、ビワ温灸はガンの痛みを抑えてくれます。肺ガンで余命3ヶ月と宣告されていた方は、温灸を受けるとよく眠れると喜ばれましたし、舌ガンで首の痛みが激しかった方も、1日中温灸を当てておられました。また、肝臓ガンの方は、ビワの生葉を患部にのせて温灸器を当てていましたが、食事できない時はまさにビワ温灸が頼みでした。ビワの力で余命3ヶ月と宣告されたにもかかわらず、2年、あるいは3年、4年と生き延びることができたのです。
    子宮ガンや乳ガンの術後のケアをビワ温灸でしている方もいますが、初期だったことも幸いし再発していません。
    もちろん、重篤な症状ばかりでなく膝痛、肩こり、うつ症状、冷え症、腰痛、生理不順など様々な病状で良い効果を上げています。

  • 信条をお聞かせください。
    ご本人が、自分の病気と向き合い、そして治っていく。そのためのお手伝いをさせていただくというのが私の信条です。
    病気が治っていく方々の姿を見る時、いつも感じるのは「私の力じゃない、何か大きな力が働いている」ということです。
    治るという神秘的な過程で、私の技術や経験がお役に立てることに感謝しています。

◎「鍼灸院ソレイユ」に関する体験談は以下のとおりです。
『ビワと健康』  2002年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 鍼灸院ソレイユ
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入