ガン治療は自然体で!

東京都世田谷区 鍼灸院ソレイユ 松下春代 院長

当院ではビワ温灸を併用した治療を行なっていることもありガンの方も来られますが、とても気になる共通点が見うけられます。

それは、ガンがあるというだけでいきなり頑張り過ぎてしまう人たちで、健康に良いといわれることをやりすぎて却って免疫を下げ、結果的に寿命を縮めてしまうケースが少なくないということです。

健康な人であっても過激な行動をすれば疲れて免疫は下がります。ましてガンという病気を抱えた状態で、極端に激しい行動を起こせば治るものも治らなくなってしまいます。
1日も早く治したい気持ちは理解できますが、食事一つ例にとっても、昨日まで飽食の世界で生きてきた人が、いきなり玄米菜食に切り替えて体は多少きれいになっても、気持ちがついて行けないのです。

食欲は人間の三大欲望の一つで、好きなものを食べるときの喜びは免疫を高める働きがあると言われています。
ところが、頭で考えて突然玄米菜食にするものだから喜びが失われてしまう。
それしか食べちゃいけないとか、それを食べなかったらガンが悪くなると極端に思い詰めてしまう。制限しすぎて逆に囚われてしまうわけです。

家族の理解が大切

それでいて、基本的なことを家族に理解してもらっているかといえば、そうでもない。家族に自分の事情をきちんと伝えることも自身の使命と自覚しないと駄目なのです。そうでないと一人でいくら頑張っても、あっという間に三大療法に引っ張られてしまう。
家庭で主導権を握っている夫から、「そんな療法をやるより病院の方がいいんじゃないか」などと言われると、『治療費を出してくれている主人の言うことは聞かないといけない・・・』となってしまう。
周りの人たちの理解を得て、もっと自然体で治療に取り組むことが良い結果に繋がっていくのです。

20年前に乳ガンで片方の乳房を全摘した女性は、とても自然体で何事も疲れない程度に前向きにこなしておられます。
食事もさほど極端ではなく、出来ることからやっておられ、しかし、脂ものや甘いもの、辛いものは少しずつやめて自然な形で食事を変えていき、むしろ彼女のお陰で家族全員が元気になられました。

一人一人顔が違うように体も違うので一律な治療は出来ませんが、彼女は遠方かつ体を温める必要があったのでビワ温灸器による自宅療養を始められました。息子さんたちにも温灸器を愛用され、肩こりや風邪が改善、ご主人の五十肩も改善するなど重宝しておられるのです。
健康食品も飲んでおられたようですが、基本はビワ温灸と足を温めること。手術後、病院側が放射線治療を行なわなかったのも奏効したかもしれません。
この方は家族ぐるみで療養に取り組まれましたが、病気を治す以前の問題として夫婦関係に問題がある方も少なくありません。
ご主人の肺ガンで来られた方は、夫の顔を見るのも嫌と言われるのです。
「今はそうかもしれないけれど、長い間一緒にいて楽しいこともあったでしょう」と少しでもご主人に気持ちが向くようにお話していると、帰られる頃「そうね、いなくなったら寂しいわね」と言われました。

ご主人の悪口が多い

とにかく、ご主人の悪口を話す人が多く、精神的に円滑になるように働きかけないと本当の意味での治療になりません。
ですから治療に入る前の5〜10分はお茶を飲みながら顔色を見て話をし、治療後も5〜6分は話を聞くよう努めています。
それだけでも気分が晴れて元気になられるのではないかと考えますし、捉え方を転換するのが自分では難しく気づかなくても、働きかけに応じて仲良くまではいかずともご主人の悪口は言われなくなります。

「この先、どっちが病んでも介護しなくちゃならないのだから、あなたが苦労しないためにもご主人に元気で長生きしてもらった方がいいでしょ」とお話すると「確かにそうだわ」となります。
また「粗末にして長いこと寝付かれて、頭に来て早く死んでくれ、みたいなことになったら人間として最悪じゃないですか?」とお話すると気づくのです。
そういったアドバイスも医療技術者には必要な要件だと感じます。

また、焦りを自然体に変える手助けをするのも我々の役目だと思います。
金沢から出てこられた方は、神奈川で免疫療法を受け、埼玉でホリスティック医療に基づく治療を受け、夕方ぐったりして当院を訪ねてこられました。
「もう、疲れちゃった」と溜め息をつかれるので、「それで治療になるんですか?」と尋ねると、「よく分からない。全身がガンだし、お金もないし、もう終わりなんです」と言われるのです。

「お金のかからない一つの療法に絞ってもっと長く続けてみてはいかがですか。高価なものが病気に効くとは限りませんよ」とアドバイスさせて頂きましたが、お金は使う、体力は使う、気は遣う、それではガンを治そうと思っても却ってガンは喜んでいます。
ビワ温灸など今出来ることを楽しんでやれる人が、ガンが治り、延命・共存が出来ているようです。
相手のせいにしたり、囚われた心から抜け出せないと厳しいと感じます。

◎鍼灸院ソレイユ(ご紹介はこちらです)
東京都世田谷区尾山台2−7−14
TEL:03−5706−3389

◎「鍼灸院ソレイユ」に関する体験談
『ビワと健康』  2009年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ガン治療は自然体で!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入