全身の痛みが解消!

東京都世田谷区 鍼灸院ソレイユ 松下春代 院長

足首が固まって歩くことすら困難な状態だった女性(78)がビワ温灸を柱にした施療により普通に歩けるまでに改善された例を紹介させて頂きます。

この女性が初めて当院に来られたのは5年前、発症から10年ほど経っていました。

当時の年齢は73歳。
背中を丸く折り曲げて両手に杖を付き、ヨロヨロとタクシーから降りられる姿は年齢以上に老けていて、失礼な言い方ながら明日にでもどうかなってしまうのでは?と思えるほど気の毒なものでした。

ほとんど歩行が困難な彼女でしたが、お話を伺うと発症時は少し足が痛む程度で、まさかこれほど長く病み、しかも症状が重くなるとは思わなかったとのことでした。

そもそもの原因は、家の中で何かにつまずいて転んだか、あるいは転びそうになったかで足を痛め、それを放置したために悪化したと自分では考えている、という曖昧なもので、長年病院に通って治療を続けて来られたにも拘らず、病名はついていないとおっしゃるのです。
当院に来られるまでの10年間、症状は悪化の一途を辿り、改善の兆しは全く見られなかったそうです。
それでも「安心するから」との理由で病院に通い続け、まさに病院大好き人間という印象でした。
整形外科では注射を打つなど様々な治療を受けたそうですが、最終的には毎度電気治療を行ない、処方される鎮痛剤を服用する日々だったのです。

歩行を妨げる一番のネックは、足首の関節に浮腫があり痛くて動かせないことでしたが、そればかりか腰から背中、肩、首に至るまで全身に浮腫があり、体全体がふっくらとして、しかも至る所に痛みが出ていました。
特に痛いのは太股、そして足裏で、歩行のために足をつくのも辛く、靴も脳梗塞の方がリハビリで履かれるようなベルトで固定するタイプのものを着用しておられました。

ビワ療法についてどこかで知ったらしく、「ビワ温灸が良いと聞いたので・・・、治るでしょうか?」と尋ねられました。
私は、「長い時間を経て悪くなったものは、ある程度時間を掛けないと改善は難しいと思いますが、楽にはなりますよ」とお答えしました。
実際、全身に浮腫があるので強く現れている局所のみ施療しても全体の浮腫を吸収することは困難と思えましたし、長年鎮痛剤を飲み続けておられるので、その副作用で腎臓や肝臓が弱っている可能性も大きかったため、内臓もしっかり温め、腰や肩、首、そして最後に足首にビワ温灸を施すようにしました。

ビワ温灸で温圧施療

もともと運動が好きでないため代謝が悪く、歩くと痛いので余計に動くことが億劫で、一人暮らしのため身のまわりのことはお手伝いさんやヘルパーさんに頼っておられる様子でした。
こういう方の場合、全身的に血流を良くしてあげることが大切です。それには、温めることと弱った筋肉に刺激を与えること、合わせて食事を改善する等の対策が必要です。
温灸器を当てると痛がるのですが、自分で筋肉を動かせないので強制的に刺激を与える意味で押し当てるようにしてビワ温灸を行なったのです。

「もう一度ご自分で動けるようになりたいですか?」と尋ねると、「なりたい」とおっしゃるので「それなら頑張りましょう」と腕を片方ずつ上げるようにしてもらって、背中から腋の下にかけてビワ温灸を行ないました。
痛いけれども徐々に可動域が拡がりました。
「お家でも棚の上にお茶の缶を置いてみるなど動かす練習をしてください」とか、少し良くなってからは「手すりに掴まって階段も上るようにして下さい」とアドバイス致しました。

病院では具体的なアドバイスはなかったそうで「杖をつくのが精一杯で、手が上がるなんてこと忘れてました」と喜ばれました。
施療を始めて2ヶ月で鎮痛剤を飲まなくても痛みが我慢できるようになり、4ヶ月経ったときには1本の杖で歩けるようになっていたのです。 家に2階はあっても、もう久しく上がったことがなかったそうで、これも大層喜ばれました。
週1回の施療でしたが、圧力をかけながら行なうので長いときは2時間かかりました。

全身発汗で浮腫消滅

まず鼠蹊部から当てるのですが、なかなか熱が入っていかないのです。痛くても我慢して頂き、体の芯が温まるようしっかり温灸を行なうと、手から足から、それこそ全身から治療ベッドの上に敷いているタオルが絞れるのではないかと思えるほどの汗が噴き出して、体中の浮腫が抜けていくのが手に取るように分かりました。

4ヶ月経ったときがまさに改善の分岐点でした。
浮腫が抜けたあと、体の痛みは和らぎ、腕や足首の可動域が一気に拡がり、当初は熱いだけに感じていたというビワ温灸が気持ちよく感じられるようになっていたのです。
足の裏の痛みも消えました。湧泉のツボなどはこれでもかというくらいビワ温灸を行ないましたが、施療の途中で気持ちが良くて眠られるようになったのです。

痛くて、だるくて、すぐ横になりたかった人が変わったのです。施療が気持ちよく感じられることは、良くなることのバロメーターだと思います。
この人は、もし転ぶと寝たきりになってしまう怖さもあり動こうとしなかったわけですが、周りになまじ世話をやいてくれる人がいることが自立を妨げることもあるということです。

8ヶ月が経ったころ杖なしで歩行できるまで健康を取り戻され、炊事に立ったり買い物に行かれたりするようになってきました。
全身に浮腫があるうえに血圧も高くて薬を飲んでおられましたから、食事の面でも甘いものや辛いものを抑え、スープの作り方から保存の仕方までこと細かくアドバイス致しました。
この方は本当に元気になられ、今では初めて来られた時より若々しく、旅行を楽しまれたり充実した日々を過ごしておられます。

◎鍼灸院ソレイユ(ご紹介はこちらです)
東京都世田谷区尾山台2−7−14
TEL:03−5706−3389

◎「鍼灸院ソレイユ」に関する体験談
『ビワと健康』  2008年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 全身の痛みが解消!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入