うつ病を癒すビワの温もり

東京都世田谷区 鍼灸院ソレイユ 松下春代 院長

うつ病の女性の改善例を紹介させていただきます。

この方は、ご主人が末期ガンで手術が出来ない状態にあり経過が思わしくないこともあって相当悩んでおられました。
朝、目が覚めると『なんでまた目が覚めたのか、私なんか死んでいれば良かったのに・・・』と考えてしまうそうで、何を見ても面白くなく、気力も意欲も湧かず、食欲もうせて痩せていくばかりだったそうです。
周りの人が心配して「頑張りなさい」と励ましてくれると余計に落ち込んで頑張れない。
そんな状況のなかで当院を訪れたのですが、ご本人はうつ病の自覚がなく頭がボーッとして肩こりがひどいことを訴えておられました。

頑張り続けてきた挙げ句、心身ともに病んでいる人に「頑張れ」と励ますことは酷な話です。こんなとき私は、イソップ物語の『北風と太陽』のように、「今のまま何も変えなくても良いので身体を温めることだけやってみましょう」とお勧めしています。
人は、身体が温まると心も温まるようになっているからです。

腹診すると、冷えて内臓が動いていないのがわかりました。緊張、悲しさ、虚しさが続いて心が冷たくなり、身体が固まり、臓器が動かなくなり、血液の循環も悪くなっていたのです。
工場に例えると半分くらい休業している状態で、食事も美味しくないでしょうし、栄養も順調に運ばれているとは言い難く、また、リンパの流れも滞っていました。

最初に腹部にビワ温灸を施しました。
免疫力を司る部位が腸管の裏にありますから、お腹をしっかり温めると腸の働きが活発になり免疫力が高まるのです。(腸年齢は大切で、慢性的な便秘や下痢の人は実年齢より身体はもっと年をとっています)
ビワ温灸では、まず腹部を温め、それから足部に移ると腹部は温かいまま維持されますが、足から始めた場合ではなかなか身体全体が温まりません。
したがって私の施術は腹部、足部、胸部、腋下腺、頚部といった順で前面(陰経)から温灸を施し、次に背面(陽経)に移って足裏から徐々に膝裏、座骨、腰背部、頚部、頭部へと上がっていきます。
一通り温灸を施すと1時間半かかりますが、前面が終わって背面に移り、腰背部辺りまで施術が進むと、スースーと寝息が聞こえてきます。
冷えの強い部位や硬い部位は多壮し、最後に仰向けで顔面に温灸を施します。うつ病など精神的な症状には顔面への施灸は非常に有効ですが、いきなり当てると怖く感じます。緊張して交感神経が働き、のぼせ気味になっていたのでは逆効果ですから全身の施術が終わり十分にリラックスでき信頼関係が結べてから行ないます。

うつ症状では、何よりも信頼関係が大切です。
例え施術であっても信頼関係が出来ていない段階で身体に触れられると症状が重い方ほど緊張してしまいます。また、それ以前の問題として鍼とかお灸では恐怖心が強く湧くことが多いのです。

ビワ温灸の適度な刺激

その意味では、ビワ温灸は非常に優れています。ビワ温灸器だと肌に直接触れることなく行なえ、軽く当てているだけで程よい指圧効果と温熱効果が得られ確実に癒されていきます。
相手の事情やお話を良く聞いてさしあげることも非常に大切です。

この方は、初回の施術からかなり効果が得られ、翌日の来院時には「昨夜は久しぶりによく眠れ、今朝は食欲も湧き、テレビや新聞を見る気になりました」と色々と報告してくださいました。
2日目も同様に1時間半ほど時間を掛けて温灸を施し、感覚的には半分くらい改善が進んだという状態に入りました。
3日目には人が変わったように元気になられ表情も明るくなったので、四回目以降は週1回の施術に切り替えました。

来院日もこちらで日時を設定するのではなく、「ご自分で体調をみながら来たいと思われるときにお電話ください」とご本人にお任せしました。治癒には、治りたいというご本人の意志が大切だからです。これを半年くらい続けるとうつ病は改善されますが、この方のようにスイッチが入るとその時点から急速に元気になられます。

いくら頑張っても周りから認めてもらえず、やがて孤独になって自分が消えたくなってしまう。うつ病は心の風邪なのです。
まず身体を温めてみましょう。ビワ温灸はとにかく心地好く、うつの症状には極めて優れた療法です。
元気を取り戻された姿を私も心から嬉しく感じています。

◎鍼灸院ソレイユ (ご紹介はこちらです)
東京都世田谷区尾山台2−7−14
TEL03−5706−3389

◎「鍼灸院ソレイユ」に関する体験談

『ビワと健康』  2003年11月15日号) ●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > うつ病を癒すビワの温もり
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入