乳ガンのケアで冷えを解消

東京都世田谷区 鍼灸院ソレイユ 松下春代 院長

乳ガンの手術をされてから5年ほど経って来られた女性(60)がおられます。

当院に来られるまで岩盤浴とか色々取り組まれておられたようですが、体が全体的に冷えていました。
気を入れる鍼とビワ温灸を併用した施術を行ったところ、まさに人の形に大量の汗が出ました。
しかし、ご本人はそれに気づかれませんでした。足もお腹も汗が水玉状になって皮膚の上にのっかる感じで、酷いときは全身が水玉に覆われるのです。
それを拭きながら施術を進めるわけですが、ベッドの上に敷いているタオルがビショビショになってしまい、治療着も洗濯直後のような濡れた状態になってしまうため彼女が来られるたびに大洗濯を余儀なくされました。
週2回の割合で来て頂き、その大量の汗は3ヵ月ほど続きました。

やがて汗の量は段々と減っていきました。それでも脚については特に膝から下、足首から10センチ上くらいまでの範囲で、温灸器を軽く当てるだけで「痛〜い」と叫ばれていました。
おそらく排出しきれない毒素だったと思います。
毒素は足もとに溜まるのでそこが刺激されて痛みが出ているように感じられました。
この痛みが取れるまでに4〜5ヵ月かかり、結局、完全に汗や痛みが解消するには1年ほど要しました。

彼女は現在も来られていますが月に1、2回です。
50歳のとき手術をされ、現在60歳ですから10年が経過したわけですが、50代半ばから更年期に入っているにも拘らず、とても元気になられています。
それには、施術とともに食事療法などトータル的に体に良いことに取り組んで頂いたことが実を結んでいると感じます。
なるべく添加物のない食材を選び「塩、味噌、酢、米などは、無農薬のものを使って下さい」とお伝えしましたが、とてもよく守られました。
当初は異常な発汗を自覚出来ませんでしたが、体の芯が温まると余分なものは外に出てくるものです。
それでも、ご本人は温まっている感覚がなく、ビワ温灸を当てながら「熱いですか?」と尋ねても「熱くない」と言われたのです。
何度確認しても「熱くない」と言われるので、ご本人の合図を待つことなくこちらの判断で当てる部位を移していきました。
ただ、熱い感覚はなくてもビワ温灸は非常に気持ちが良かったそうです。
徐々に異常な汗が出なくなるにつれ、体が温まっているのを自覚できるようになり、同時に体が軽くなったと言われました。
水は表面に溜まりやすいのですが、体の芯から循環が良くなり、貯溜した体液の余分な水分が抜けていったのだと思われます。

担当医師も太鼓判

気を入れる鍼は初めの2ヵ月のみ行いました。それというのもご本人があまり鍼が好きでないのと、あまりにもビワ温灸が気持ちが良いものだから、ビワ温灸だけになったのです。
施術は、時間も結構かかりました。
あまり時間をかけるべきではないのかもしれませんが、長いときは1時間20〜30分かかりました。
私も夢中になるタチなので中途で時間を区切ることが考えられず、気がつけば長時間になっていたという感じです。
ビワ温灸を施すと副交感神経の働きが強まりス〜ッと眠くなるものですが、こういう症状の方はなかなか眠くなりません。
私としては、眠くなる感覚が出てくるまでは続けてしまうのです。

私も相手も満足できたという波動のようなものの感じ方で長くなったり、今日はこれくらいで大丈夫と感じられれば1時間以内で済むこともあるのです。
長くなるときは大抵、ストレスがあったり、寝不足だったり、ハードに働きすぎたりされたときです。
今では殆どチェックに来られる程度にまで改善されていますが、グンと良くなられたのは手術を受けた病院の医師から「もう大丈夫、OK。ガンは卒業したよ」と太鼓判を押されたころからでした。
精神的な安堵感もあると思われますが、最近は骨盤矯正もあまり行う必要がなくなっています。
それでも全身的なチェックを行うので、例えば今の時期だと「鼻がムズムズします」と言われれば、「ビワの種がいいですよ」とお伝えするとともに、ビワ温灸は鼻水が溜まる部位をはじめ鼻筋や首、腎臓に関わるツボにしっかり当てるなど、そのときどきの体の状態に合わせて対応させて頂いています。

ちなみに医師が太鼓判を押したのは一昨年のことですから、今はとても前向きになられています。
お母様やお義母様の介護で心労も溜まりやすかったようですが、健康を取り戻されたことで人のお役に立てるという気持ちになれて、一生懸命介護に力を注がれておられる様子です。
しかも、食事内容はきちんと守られるので、ご主人も一緒に元気になられているとのことです。
健康食品でいうと、私は30年近く酵素の大麦若葉を飲んでいるのですが、彼女から「青いものを摂りたいけれど、なかなか勇気が出ません」とご相談をうけたので、それをお勧めしたところ、これもずっと愛飲されています。
ビワ茶も飲んでおられますし、ちょっとした火傷にはビワエキスを塗るなど、ビワ温灸と合わせて、もうすっかりビワ愛好家になられています。

◎鍼灸院ソレイユ(ご紹介はこちらです)
東京都世田谷区尾山台2−7−14
TEL:03−5706−3389

◎「鍼灸院ソレイユ」に関する体験談

『ビワと健康』  2016年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンのケアで冷えを解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入