筋肉の硬直を緩める働き

山口県周南市 びわの葉温熱療法 廣谷 廣谷裕恵 代表

今年の夏は暑さが厳しく、その影響もあってか背中が非常に硬くなったり、ぎっくり腰の様な状態になって「何とかして下さい」と駆け込んで来られる方がとても多くみられました。

原因としては、大量の発汗によって水分とともにミネラルが流れ出て不足気味になっているうえに暑さで体が過緊張を起こし、さらには睡眠不足が追い打ちを掛けているといった悪循環に陥っているケースが殆どで、女性の割合が高いのも特徴的でした。

もちろん、比較的少なかった男性でも同様の症状を訴える方はおられ、不調があるたびに施術を受けに来られる馴染みの男性(59)もその一人で、突然体が異常に硬くなったということでした。

当サロンの開設当初から来られている方なので、健康状態は大体見当がつくのですが、今回はかなり様子が違っていました。筋肉の硬直した感じが強く、朝起きたとき正座が出来ないと言われるのです。

ビワ温灸を施しても熱が入りにくく、ご本人も「いつものようなビワ温灸の温かさを感じない」と言われ、皮膚の感覚が明らかに鈍くなっていました。
固まりがちな脚部ばかりに捉われず全身を温めることを意識して施術を勧め、硬直感の強い頸部の「瘂門」「天柱」「風池」や後背部の「肺兪」「膈兪」「肝ユ」「腎兪」といったツボはさらにしっかり温めました。
また、胸腺にも当てたりして、凝りをほぐすことを心掛けました。
施術後も気がかりで「注意して下さい。水分補給もしっかりされた方が良いですよ」とアドバイスさせて頂きました。

4日後、この方は脳梗塞で倒れてしまいました。
病院に向かう救急車の中から奥様が電話を掛けてこられ、「主人が『ビワの先生から血液が濁らないように水分を沢山摂って、体をほぐして緊張を取るようにと言われてたんだ』と言っています。どうしたらいいでしょうか」と尋ねられました。
急を要する事態だけに、「とにかく今はお医者さんに任せましょう」と返事しました。
予兆として、うちに来られた2日後には、正座が出来なくなっていたそうです。
幸い2週間の入院で障害も残らず事なきを得ました。
以来、この方は脳梗塞の再発防止を目的に毎週通われています。

夏場の水分補給は「内容」が大切

この男性はすでに極限に達していたわけですが、そこまで深刻な状態ではなくても似通った状況の女性は結構おられます。
背中の張りが酷くて掃除機を掛けようとしたら痛みが走り、ぎっくり腰に近い症状に陥った女性(34)もそうで、20代、30代、40代と年齢に関係なく発症しています。
施術が終わって帰られるときには「足がポカポカしてきた」と言われていたので、彼女は冷えもあったのだと思われます。
ふと気になって「夏場、どんなふうに水分補給をしてました?」と尋ねてみるとアイスコーヒーをいっぱい飲んでました」という返事でした。
利尿作用の強いコーヒーばかりでは、飲んでも飲んでも却って水分は体から出ていってしまいます。
脳梗塞になった男性も、会社に着くとまずは一杯とばかりにコーヒーを飲んでいたそうです。
こまめな水分補給は意識していても、案外飲料の内容までは考えていないのが実情かもしれません。

それから、ぎっくり腰の方の場合だと、3日くらい安静にしてから来て頂いています。
動けない状態であれば、ご家族に連れてきて頂くか、少し症状が収まってからご本人に車を運転してきて頂くことになりますが、皆さん、背中がガチガチにこわ張っているのでユ穴を中心に繰り返し施術します。
各ユ穴への施術は有効ですし、施術中に漂うビワエキスの香りに心地好さを感じてリラックスし、施術中にウトウト眠っている人も結構おられ、殆どが短期間で改善しています。

◎びわの葉温熱療法 廣谷
山口県周南市一ノ井手5497−1
TEL:090−3889−5428

◎廣谷裕恵さんに関する体験談

『ビワと健康』  2016年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 筋肉の硬直を緩める働き
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入