末期の乳ガンが劇的改善

山口県周南市 ビワキューヘルス須々万 廣谷裕恵 代表

末期の乳ガンだった女性(30代後半)がほとんど完治に至っている例をご紹介します。

この女性は、うちに来られる1年ほど前、右胸にシコリを見つけて受診したのですが、医師から「乳腺炎でしょう」と診断されたといいます。
このときはマンモグラフィーやPET等の検査はせず、医師の言葉を信じて放置し、1年が経ったのでした。

やがて右の乳房が紫色に変色してきたため『皮膚病かな?』と思って皮膚科を受診したところ即座に「総合病院に行きなさい」と言われたのでした。

総合病院で受けたPET検査の結果は非常に厳しいものでした。
右の乳房はガンに冒され、そればかりか左の乳房に転移が見つかり、さらに肺や脊髄にまで転移が認められたのでした。
「もはや手術はできません。切ったところで同じことです」
3ヶ月ももたないだろう・・・、それが医師の見解だったようです。

対処の仕様がなく、その後、抗ガン剤治療を始めることになるのですが、うちにはガンの診断が下った直後に来られました。
女性同士、彼女から「胸を見て下さい」と言われるので見させて頂きました。
思わず、「どうしてこんなになるまで放っておいたの?」と言ってしまうほどひどい状態でした。
乳ガンは放っておくと花が出来ると言われます。皮膚が薄くなり、破れてウミが出てくるのです。
彼女の状態は、まさにウミが出る寸前だと感じました。今年1月のことです。
彼女は自らネットで調べたり、人から話を聞いたりして「ビワ温灸が良いらしいから・・・」とうちを訪ねたとのことでした。

ビワ温灸は、全身の重要穴とリンパを中心に当てていきました。そもそもビワ温灸は温かくて気持ちの良い療法ですが、この女性の場合は熱いと感じるくらいまで強めに施しました。(乳ガンのツボはこちら
経済的に余裕のある状況ではなく、お仕事を続けながら週1回、1時間の施術でしたが、他にも食事療法に取り組まれたり、ガンに効くという漢方薬を飲み始めたりと、ご自分でも出来ることをされました。
施術に際して色々なお話をさせて頂きました。
「ガンになったのは心の問題も影響があったかもしれません」
そう言われて、涙をこぼされる日も少なくありませんでした。

ビワエキスを塗布

当初、ビワ温灸器を購入する余裕がないとのことでしたので、「それなら何か代用できる遠赤外線の器械はありませんか?」とお聞きしたところ「部屋を暖める器械がある」とのことでしたので、ご自宅では患部にビワエキスを塗ってその器械で温めたり、半身浴を行うなどして徹底的に体を温めるよう努めて頂きました。

また、肉食は一切止めて玄米菜食に切り替えて頂きました。
3月から抗ガン剤の治療が始まりましたが、京都にベンズアルデヒドというガンに効くというクスリを処方される先生がおられるとのことで、保険外治療ながら月1回通われました。
ビワ温灸、漢方薬、食事療法、ベンズアルデヒド、そして抗ガン剤治療を行いながら半年が経ちました。
その間、乳房は腫れて1.5倍の大きさになり、うちに来られて1ヶ月目には破裂してウミが出ました。
ウミが出た部位は右乳房の下で、ツボでいうと「気戸」と「中府」の中間点辺りでした。
医師にも「ウミが出るよ」と事前に言われていたそうです。
例えれば、妊婦さんがお腹が大きくなって皮膚が引っ張られて薄くなるような感じによく似ており、500円玉くらいの大きさで破れてウミが出てきたのです。

ただ、一気に大量に出るのではなくジワジワと滲むように1ヶ月ほど出続けました。
手術は出来ず、ただガーゼを当てるしかありませんでした。ウミが出切ったあと盲腸の手術痕のような痕が残りました。
痛みに対してはビワエキスを塗って温めると収まったと言われます。
加えて、私が一つお勧めしたのが「攅竹」のツボを温めることでした。このツボは脳下垂体を活性化する反応を持っています。
ウミが出来るとみるみる良くなっていくのが分かりました。
如実だったのは、乳首の変化です。女性としては恥ずかしいことですが、乳首が真っ黒になっていたのです。カサブタ状になっていたものが少しずつ剥がれていって、新しくピンク色の正常な組織が顕われてくるのが分かりました。
抗ガン剤の副作用は出ました。髪の毛は勿論のこと、眉毛、まつ毛、鼻毛までも、全身の毛という毛は全て抜け落ちました。
しかし、ビワをはじめ各種療法が奏効してか、他のガン患者さんに見られるような吐き気や食欲不振等の症状は現れず、カツラを着用してお仕事を続けることができました。

副作用の便秘が解消

ただし、彼女の場合は便秘がひどく、「まるでお産のような痛みがくる」と言われ、そのときは駆け込むようにして来られ、「ビワ温灸を当ててほしい」と切望されました。
お腹を中心にビワ温灸を当てていくとスッとお通じがあり、楽になるのです。
4、5回そうしたことがありましたが、その後は便秘も収まりました。
半年経った時点の血液検査で驚いたことに腫瘍マーカーは普通の人以下に下っていたのです。

また、肺と脊髄いずれの転移瘡も跡形も無く消えていたのです。
PETの検査は年2回以上出来ないので、来年の1月に行われる予定ですが、劇的な改善を果たしていたのは事実です。
現在、漢方薬は費用が高くつくので止めておられますが、それ以外はきちんと続けておられます。

ビワ療法の普及に意欲

病院側は抗ガン剤が効いて奇跡的に治ったように考えているようですが、彼女は身を以てビワ温灸をはじめとする療法の力を実感し、「もらった生命だから他の人に少しでもお伝えしたい。自分のような辛い思いをしてほしくないから」とビワ療法の勉強を始め、現在は普及会の指導員認定を目ざして毎週通い、頑張っておられます。
彼女は、「落ち込んでいるときに親身になって話を聞いて下さる相手がいることで助かりました」と私に感謝して下さいます。
単なる慰めでなく、「頑張ろうよ。大丈夫だよ」と確信を持った言葉に「もしかしたら本当に大丈夫かもしれない」と勇気づけられたそうです。
とはいうものの、彼女は必死に闘ったという感覚でもないのです。来たものを受け入れて、ビワ温灸にしても食事療法にしても、ただ一生懸命続けたというだけのことです。
高額な治療をしたわけでもありません。自分が出来ることを淡々とこなしたという話です。
それでも、彼女自身が末期ガンを克服したお手本ですから、彼女から「大丈夫ですよ」と言われれば、安心される人は沢山いると思います。やっぱりガンは治るんだ、と希望を持たれることでしょう。

実際、他のガンの方から彼女に会ってみたいと言われることがあり、数人の方には会って頂きました。
何ら特別な存在ではなく、ごく自然体な彼女の姿に触れて、皆さん希望を強くしておられます。

◎ビワキューヘルス須々万
山口県周南市須々万本郷1965−2
TEL:0834−88−0226

◎廣谷裕恵さんに関する体験談
『ビワと健康』  2012年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 末期の乳ガンが劇的改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入