パニック障害に威力発揮!

山口県周南市 ビワキューヘルス須々万 廣谷裕恵 代表

現在、56歳。管理職の男性は50歳のときにパニック障害の症状が出始めたといいます。

医師の診断は「男性の更年期障害だろう」というもので、パニック障害の薬が処方されました。

気持ちが塞ぐ、夜眠れない、時々動悸がするといった諸症状があり、ご本人も発症を恐れて喫煙を止めたり、飲酒もほどほどに抑えるなど気をつけていたそうですが、それでも思うような改善は得られなかったとのことでした。
そうした中、2年前にお父様が亡くなられたのです。それを機に症状は一層悪化し、勤務中にも頻繁にパニック障害を起こすようになったのです。
激しい動悸がしたり、過呼吸が起きたり・・・。それも管理職という立場上、人に相談することも出来ず、本当に苦しい日々を過ごされていたのでした。
初回のビワ温灸では特に効果を実感されず、「何となく気分が良かった」との感想でした。
週1回通われるようになりましたが、うちに来られる殆どのお客様同様、気がつくと施術中に寝ておられました。
私が行なうビワ温灸は、熱が浸透して熱く感じた瞬間に合図の返事を頂いて施術ポイントを移動させるのではなく、合図の直前を見計らって移していく方法なので返事をする必要がありません。
パニック障害や自律神経失調症、プチうつの方にはこの方法が向いていると考えます。

「治そうなんて今は考えなくていいですよ。仕事も頑張ろうと思わなくていいです。それより自分の体を労ってあげないとね」等々、治してあげようという気持ちではなく、お客さんの立場でお互いに話をしている雰囲気でした。
ちなみにポイント移動のタイミングは、その人の体の冷えとか状態に応じて大体見当がつきます。施術室の時計が刻む音を数えながら、この方の状態なら11秒とか、この人は15秒、あるいは腰痛があるからもう少し長くとか、経験に基づいて行なっています。
週1回、ビワ温灸を受けながら気持ちよく寝て、合間にぽつりぽつりと張り詰めた心の重荷を下ろしていく。そんな感覚ですが、徐々に症状は収まり4ヶ月が過ぎたころには薬を飲む必要がなくなっていました。

勤務中に症状が出ることを恐れて食後必ず予防的に飲んでおられた薬を飲み忘れるようになり、やがて薬に頼る気持ちすらなくなっていたのです。
若いころは高校球児で、スポーツマンだった男性は体力に自信があり、趣味でゴルフをされています。
来られるときは骨盤がずれていてビワ温灸のあと骨盤調整をしたりストレッチなどを行ないます。
またスイングで体を捻る影響からか背骨に歪みが出ますが、これもビワ温灸で温めた後ググッと押してあげると正常に戻ります。
ビワ温灸のツボは、特に「肩井」に痛みを抱えておられたので多壮もしましたが、症状別のツボというより全身のリラックスに意識を集中して重要穴を丁寧に当てていきました。
最近はとても健康になられたものだから休みのたびにゴルフに行かれてます。そうなると今度は筋肉痛がニーズで、もはやパニック障害の心配でなく、ゴルフのスコアに気を揉む状況になっておられます。

自律神経失調症も改善

自律神経失調症で15年間食事を作ることが出来なかった女性(60)の場合も、閉経を機に更年期の症状が出て、精神的なストレスで家事が出来なくなっていました。

15年間、代わってご主人が台所に立っておられたわけですが、ビワ温灸を続けるうちに元気になられ、やはり4ヶ月ほどで抗うつ剤などの薬が必要なくなりました。
この方は決まって土曜日の午前中に訪ねてみえました。それというのも施術を受けると帰宅後体がだるくて猛烈な眠気に襲われるため、そのあと何もしなくても良いようにとの配慮だったそうです。

随分背中の硬い方だなと思いつつビワ温灸を当てていましたが、細身の体にも拘らずうつ伏せのとき肩甲骨が全く目視出来ませんでした。背中がひどい猫背のように盛り上がり、首だけグッと突き出しているような不自然な姿勢でした。
ビワ温灸を継続するうちに平日の夕方来られるようになられました。好転反応も収まり確実に体調が良くなっていかれたのです。
実はこの方、初めは病名を話さず肩こりだけと言われていました。4ヶ月が過ぎて薬が必要なくなったとき自律神経失調症であったことを明かして下さいました。

ご主人から「お前、最近元気になってよく笑うようになったな。ビワに行きだしてどれくらいになる。1年くらいになるか?」と聞かれて、「1年なんてならないわよ、まだ4ヶ月よ」と会話したエピソードをお話して下さったのです。
もちろん今ではきちんと肩甲骨は出ていますし、見違えるほど元気になられてロサンゼルスやニューヨークなど、旅行を楽しんでおられます。
私自身も疲れると主人とビワ温灸を当て合いっこしています。気持ち良さがたまらなく、それを多くの皆さんが体験され楽になって頂けることが嬉しくてやっているようなものです。

◎ビワキューヘルス須々万
山口県周南市大字須々万本郷1965−2
TEL:0834−88−0226

◎廣谷裕恵さんに関する体験談
『ビワと健康』  2011年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > パニック障害に威力発揮!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入