経絡の緊張緩和がケアの要

宮城県仙台市 MAM,s 安倍幹子 代表

5年前に腎臓ガンを手術し、3週間に1回のペースで当サロンに通う男性(60代半ば)がおられます。

定期的にきちんと通われる方ですが、施術のたびに足裏を軽く手で触れただけでギャ〜ッと悲鳴をあげるほど痛がられ、症状がなかなか改善しないことが課題でした。

私の手が勝手に悪い箇所にヒットするせいもあるようですが、特に痛みのポイントを狙って押しているわけではありません。
つい最近までこの状態を続けてきましたが、それには理由がありました。

実はこの男性、とても美食家で腎臓ガンを患った方とは思えないほど脂っこいものも好んで食し、お酒も「やめるくらいなら死んでもいい」と毎日欠かすことがなかったのです。
病院には検査通院されていますが、歩幅が狭くてヨチヨチ歩きのような状態です。これは全身の経絡が緊張しているせいで、初めのうちは腕も肩の高さまでしか上がりませんでした。
この男性の体の状態を敢えて表現すれば、傘の裏側の骨に似ています。縦に走る経絡が筋だらけで、硬くて緊張状態にあるのです。体が硬いので正座をすることも困難です。

この5年間、食事や運動の大切さをしつこくお話してきましたが、最近になってようやく週1回、お酒を休むことを受け入れました。4ヶ月前のことです。
また、半年掛かりで習慣づけた運動と連動することにより、みるみる体調が良くなってきました。
そして2ヶ月前。「お酒を休んだ日の翌日のお酒が美味しいことが分かりました。どうせ飲むなら美味しいお酒を飲みたいから」と週2回飲酒を休むことにされたのです。
それからはグーンと体調が良くなって、思わず「素晴らしい!」と褒め讃えたほどでした。
緊張がほどけてきて、体全体に柔軟性と弾力が出てきたのです。

かくいう私もヨガを始めてお酒が飲めなくなった経験をしています。お酒を飲むと体中の経絡が一度に緊張してしまうのです。
この5年間、紆余曲折はありましたが、ご自身の体調の変化を自覚され、お付き合いは断れないまでも酒量を抑えるようになられました。
先日は奥様も一緒に来られました。ご主人に合わせてお酒を休まれていることを話しておられましたが、ビワの葉茶をお出ししたところ「あら、美味しい」と気に入ってくださり、お酒を休んだ日に飲むものがないのは寂しいからとご夫婦で飲むという話になりました。
この男性の施術は、アロマトリートメントの手技を中心に行なっています。
経絡が緊張しすぎているせいかビワ温灸は「熱くて嫌だ」とおっしゃるのです。寒い季節はチャレンジしてみるのですが、今のところ難しいのが現状です。
手技では首や肩の筋の張りを取ることが出来ますし、肌の弾力も回復して楽になります。

また、耳と顎の際に肝臓のポイントがあり、状態が悪いと腫れてきます。
ビワ温灸が可能な方の場合は、ぜひ抑えておきたい部位だといえます。

◎MAM,s(マムズ))(ご紹介はこちらです。)
宮城県仙台市青葉区花壇
TEL:022−352−6300

◎「MAM’s」に関する体験談 『ビワと健康』  2013年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 経絡の緊張緩和がケアの要
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入