花粉症に抜群の威力!

宮城県仙台市 MAM’s(マムズ) 小川真理子 さん


かれこれ20年に及ぶ花粉症歴を持つ私ですが、昨春、ビワの種と出会ってようやく体に優しい方法で辛い症状から抜け出すことが出来ましたので、お話させて頂きます。

仙台で生まれ、まさに杉の山に囲まれた環境で育った私ですが、20歳になるまでは花粉症とは無縁の生活を送っていました。

思えば就職で東京に行き、最初の春を迎えたときからが花粉症との長い縁の始まりだったのです。

勤めた職場が陸橋の下にありました。
激しく行き交う車によって粉塵が舞い、そのうえ日当たりも悪く、都会暮らしが不慣れな私にとって肉体的にも精神的にもストレスの溜まる状況下にありました。

春になり鼻水やクシャミがやたらと出ました。しかし20年前のことですから花粉症が今ほど一般化しておらず、『変だな、風邪かなあ』と思っているうちにシーズンが過ぎて症状が収まり、また翌年の春を迎えると同じ状態を繰り返していたのです。

4年後、仙台に帰郷しました。さすがにこの頃には花粉症が広く世間に認知されており、とりわけこの年はスギ花粉の飛散量が凄まじかったこともあって、耳鼻科にかかるなり「花粉症ですね」とあっさり診断されました。
まるで滝のように鼻水が流れるのに仕事的には人前で話をする機会もあって困り果て、耳鼻科を訪ねたわけです。処方された薬を飲むと症状は収まるので、それ以降は春になると薬に頼っていたのです。

帰郷から3年後に結婚しました。数年は相変わらず薬で対処していましたが、2〜3ヶ月間飲み続けなければならず、内心『こんなに長い期間薬を飲み続けるのは良くないな』と思っていました。
まして子供が欲しいと思うようになってからは薬の服用を躊躇し、極力飲まないと決めてマスクのみで耐えてきました。

子供を授かってからも努めて薬に頼らないようにしていたのですが、どうにも辛いときは何度か市販の薬を服用しました。
しかし、副作用でのぼせや眠気に襲われ、嫌な感じを持ちました。

4年前、スギ花粉が大量に飛散した年に、我慢出来ず耳鼻科にかかって1月初旬〜4月一杯まで薬に頼ってしまいました。
滝のような鼻水と目の痒み、くしゃみ・・・。鼻の下は赤くなり、化粧も剥げ落ち耐え切れなかったのです。
そうした折り、アロマテラピーや自然療法に触れる機会を得て、やっぱり薬は良くないと再認識し、ユーカリや精油を用いて鼻の通りを良くすることを始めました。

以来、耳鼻科にはかからず、市販の薬も用いず、どうにか対処してきたところに昨年、ビワの種の話を聞いたのです。
すでに花粉の飛ぶシーズンに入り症状も出ていましたが、焙煎したビワの種の粉末を1日3回、空腹時にティースプーン一杯飲むだけで驚くほど症状が収まったのです。

飲み始めて1週間はあまり変化は見られなかったのですが、体調的には便通が良くなったり明らかに良さを実感しました。
もちろんマスクも併用していましたが、1週間経った頃から鼻水の量が減り、目の痒みも抑えられ楽になりました。

私はコンタクトレンズを着用しており、それまでは目薬もあまり注せないためお手上げ状態で、その辛さから解放されたことは本当に感謝でした。
自覚はないのですが、私はあまりお腹の調子が良くありません。ビワの種で大腸が整うと免疫がアップし花粉症などアレルギーの症状に良いと言われますが、まさに実感します。

完全に症状が無くなるわけではありませんが、ビワの種の作用が途切れないように6時間の間隔を目安に飲めば、とても楽に過ごせるのです。

◎MAM’s(マムズ)(ご紹介はこちらです。)
宮城県仙台市青葉区本町1−13−32 オーロラビル506
TEL:022−352−6300

◎「MAM’s」に関する体験談
『ビワと健康』  2009年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症に抜群の威力!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入