肺ガンの腫れにビワ温灸

宮城県仙台市 MAM’s(マムズ) 安倍幹子 さん

肺ガンが肺との間にある縦隔リンパ節に転位し、病院で「半年〜1年」と余命宣告を受けた男性(57)が、昨年5月29日からうちに通われ、元気に療養に励んでおられます。

初めて来られたときは背中の右側が肩から肩甲骨全体、横隔膜辺りまでまるで火山岩のようにゴツゴツと硬く腫れて盛り上がり、皮膚の色は赤く熱を帯びている状態でした。

筋肉反射テストの反応は鈍く、肩こりも自覚症状はなく頭と体が繋がっていない感覚で、体全体が滞っている印象でした。
脳転位もあったそうで、その腫瘍は放射線治療で消えたとのことでした。
週2回、トリートメントとビワ温灸を行なううちに腫れは次第に収まり、1ヶ月半後にはプヨプヨと軟らかくなり、ガチガチに固まっていた肩甲骨の可動域も拡がって肌の赤みも取れて普通の色になりました。
『このプヨプヨを流せばいいんだな』、それが施術の目安になりました。

8月、施術開始から2ヶ月半が過ぎ、そのプヨプヨの膨らみも取れてほぼ平らになり、同時に頭と体の繋がりが回復してきました。
初めの頃は咳が出たり喉にイガイガ感もありましたが、それらはきれいに無くなりました。

10月に入って鎖骨間、首周りにリンパ節の転位瘡が現れました。
当初、ご本人は気にされました。ただ、この腫れが体の状態によって変化するのです。大きくなったり、硬くなったり、あるいは軟らかくなったり。ストレスが掛かると如実に変化し、むしろそれは自身がガンをコントロール出来ることの証であり、体調管理のバロメーターと捉えて気にされなくなりました。
この頃から体力がアップし、筋肉トレーニングを始められました。

発症から1年が経過し、ゴルフをすれば一緒に回った仲間の中で一番元気と言われるまで見違えるほど改善しておられます。
ビワ温灸は、肺ガンのツボに万遍なく当て、エネルギーを流す意味で背骨と体側を挟む形でも行なっています。また、ご自宅でも週2回ほど棒灸でのビワ温灸をされますが、頭にもしっかり当てられます。

これは腫瘍のあるなしに拘らず、頭に温圧を行うことで体が発する声をきちんとキャッチ出来る状態を保つうえで重要です。
肺ガンは腸のトラブルが原因という説もあるくらいですが、この男性は腸が軟らかく凄く良い状態です。もちろん、食事には十分気をつけておられます。

経営する会社の社長職を退かれ、自分で責任を持って治すというスタンスで取り組まれ、「ただ自分が治りたいだけでは治らないだろう」との意識から、今後は同様にガンで悩む多くの方々のためにも貢献したいとおっしゃられます。
ご家族も「昔は頑固で怒りっぽかったのに凄く優しくなって変わっちゃった」と喜んでおられます。

◎MAM’s(マムズ)(ご紹介はこちらです。)
宮城県仙台市青葉区本町1−13−32 オーロラビル506
TEL:022−352−6300

◎「MAM’s」に関する体験談
『ビワと健康』  2009年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺ガンの腫れにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入