胃ガンの痛みが軽減!

宮城県仙台市 MAM’s 安倍幹子 さん

今年2月から通っておられる女性(69)は、昨年4月に胃ガンおよびリンパ節への転位が判明し、西洋医学の治療を行なわずにビタミンC療法や刺絡療法を続けてこられた方です。

地元日刊紙で取り上げて頂いたMAM’sの記事をご覧になり、ガン患者として先輩である私に会いたいと思われたそうで、新聞社に連絡して訪ねたとのことでした。

初めて来られた2月23日には、胃部の不快感と背中の痛みを訴えられました。肩甲骨の下が黒ずんでおり、シコリとは違って指で強く押せばズブズブと入っていくような感覚があり、その部位は時折、横を向くなどの何気ない刺激で走るような痛みに襲われるとのことでした。

これは左首筋のリンパ節に大きな転位瘡があるため後頭部から左肩甲骨にかけて取り切れない滞りのようなものがあって、ねじれて詰まっている感じでした。

当初、「ビワ温灸は結構です」とおっしゃられ、ご本人の希望により生姜罨法とトリートメントを週1回のペースで受けて頂きましたが、「痛みがあるのでしたらビワ温灸を」とお勧めし、ちょうど1ヶ月が経った3月24日からビワ温灸を開始しました。

通常の肩こりや腰痛ならば大体3回くらいトリートメントを行なうと皮膚の沈着は取れて腰痛も改善するのですが、この方の痛みや皮膚の黒ずみは全く別なものでした。
ビワ温灸とトリートメントの組み合わせが非常に良く、4月のうちに胃の不快感、背中の痛みは取れてきました。

また、初めの段階では頭蓋骨のパーツ同士の緩みがなくギシッと詰まった感じで頭が硬く、肩が凝っていることも自覚できないでおられましたが、次第に頭が柔らかくなるにつれて「ああ、ひどく凝っていたのね」と自覚できるようになられました。
食事に関しては、もともと野菜中心でインスタント食品なども食べないとのことでしたが、玄米菜食に切り替えて初めのうちは腸がゴツゴツと硬い状態でしたので、ゆっくり噛むことをお勧めしました。

この方の素晴らしさは、着実に積み重ねていかれることです。「自分は高齢なので一度に二つのことは教えないで」とおっしゃられ、私が提供させて頂く情報を1回につき一つと限定し、確実に1週間こなしてこられます。「ああ、これは自分に良い」と実感したうえで、また新たに一つ情報を得て帰って実践し、積み上げていかれるのです。
あれもこれも一度に情報を得て、それだけで満足して本気で実践しない人は沢山います。本を買いあさって山積みにし、読むことすらしない人もいます。

しかし、この方は漫然と聞き流すことはありません。こちらから「やってね、やってね」と気を揉む必要などないのです。
3月9日の時点ではまだお腹は硬く、同18日には背中が柔らかくなり始め、24日に来られたとき、「背中の痛みが取れました」とおっしゃいました。
ただ、肩甲骨の下に出ている黒ずみは、痛みが取れてもずっと同じままでした。

5月末、腋の下から肩甲骨にかけて15cmくらい拡がっていた黒ずみが7〜8cmに半減していました。それが何を意味するのかは判りませんが、痛みが無くなり、全身症状がすごく改善され、とても元気で頑張っておられます。
「ビワ温灸とトリートメントでどんどん良くなる気がする」と話されるので、「ご立派です。いつも気持ちが後退しない。毎週きちんと新しいことを覚えて取り組んでおられ、素晴らしいです」とお伝えしたところ、「だって諦めない」ときっぱり。その言葉に私は感動し、改めて応援を約束しました。

ちなみに私が行なってきた具体的なアドバイスはお米の研ぎ方、酵素の考え方、代謝、必須脂肪酸やタンパク質の摂り方、半身浴、ビワボウルの作り方、生姜罨法、呼吸法など多岐に渡ります。
この方は7月に入ってからご自分でもビワ温灸器を購入され、一層ビワ温灸に本腰を入れて頑張っておられます。

◎MAM’s(マムズ)(ご紹介はこちらです。)
宮城県仙台市青葉区本町1−13−32 オーロラビル506
TEL:022−352−6300

◎「MAM’s」に関する体験談
『ビワと健康』  2009年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 胃ガンの痛みが軽減!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入