クッシング症候群の薬が不要に

兵庫県芦屋市 トータルペットケアkabs 松浦結 オーナー

最近、獣医学会では鍼灸がクローズアップされていることもあって、温灸に対してかなり好意的に見てくださることが多くなっています。先生の方から「ぜひ、やったらいいよ」と言ってくれることも増えてきました。
これまで先生から「これ、何かしている?」と聞かれても正直に答えづらかったのですが、最近は「それはいいことだと思うよ」と肯定的に受け取ってくださることが多くなりました。今後、獣医学の世界で鍼灸はプラスのイメージが強くなるのではないかと思います。

さて、今回はクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)のシーズーの子についてご紹介したいと思います。
クッシング症候群というのは犬によく見られるホルモン異常の病気で、副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンが出すぎて、さまざまな症状が現れるというものです。この子の場合は「下垂体性」で、脳の下垂体の腫瘍などで副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌されることによるものでした。
初めて来たのは2年ほど前でしたが、症状としてはご飯を異様に欲しがったりとか、顔が腫れたり、手足の筋肉が落ちてふらついたりということがありました。
お薬は飲ませていましたが、もう17歳という高齢だったので、先生も「しょうがないからねえ」という感じでした。

それで、週2回通って施術するようにしました。施術は、ホルモンの分泌異常は自律神経の乱れから来るのではないかと考え、頭蓋骨の後ろ、頚椎一番の付け根あたりにある風池を中心に、1回20分ぐらい当てました。
それを3〜4ヶ月続けているうちに、まず顔の膨らみが取れてきました。それから手足のふらつきがなくなって、結構スタスタ歩けるようになりました。そして脱毛もあったのですが、驚いたことに産毛が生えてきました。

ホルモンの数値も落ち着いてきて、最終的に先生が「もう薬を止めてもいいんじゃない」と言うくらいの数値になりました。それで薬を止めて、その後は週1回定期的に来てくださり、18歳で亡くなりました。
クッシング症候群で薬を止めるということはほとんどありません。普通、死ぬまでずっと薬を続けなければいけないのです。
その子には特別効いたのかもしれませんが、かなり目に見えて変わっていったような感じで、本当に驚きました。

◎トータルペットケアkabs
兵庫県芦屋市舟戸町5−26 マリアキャリーヌビル2階
TEL:080−3867−0042

◎トータルペットケアkabsの前身「芦屋バディーズ」に関する体験談

◎「トータルペットケアkabs」に関する体験談

『ビワと健康』  2021年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > クッシング症候群の薬が不要に
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。