膀胱炎にはビワ温灸!

長野県北安曇郡 かず・のぶ治療院 宇田和恵 院長

月に2回、いつも奥様と一緒に施術を受けに来て下さっている男性(58)が昨年12月、膀胱炎になってしまいました。

膀胱炎は女性に多く男性では比較的珍しいのですが、この方は施設のようなものを経営されていて、建物の手直しがあって職人さんと一緒に毎日外でお仕事をされていたそうです。
この冬、長野県は例年と異なり11月頃から雪こそ少ないものの異常に寒く、相当体を冷やしてしまわれたようです。
体調に異変を感じて病院を受診したところ「どこか風俗に行かれましたか?」と尋ねられたそうです。
驚いて「エエッ?」と聞き返すと、どうやらそういう人も膀胱炎になるケースが多いらしく「いやいや、そんなんじゃなくて、ずっと外周りの仕事をしていて」と説明すると、医師も納得されたそうです。
膀胱炎には冷えは大敵ですが、厳寒の最中に3月初旬まで、そのお仕事を続けていくのですから、なかなか完治には至りません。
この方の症状は、トイレが近い頻尿、残尿感、下腹部が常にシクシクと痛むなどの違和感があるというものでした。

実は私も何年か前に酷い膀胱炎を経験しました。
年の暮れ、最後の患者さんの治療が終わり、患者さんが帰られて、『あ〜やれやれ、今年はこれでお仕舞だ』と思いつつトイレに行くと、いきなり真っ赤な血尿が出て驚きました。
主人には心配させたくなかったので黙っていましたが、『あっ、これは膀胱炎だ』と直感しました。

ビワ温灸で血尿が収まった

そこで、即座に試したのがビワ温灸です。ビワ温灸を当ててみると血尿はすぐに収まりました。
おそらく顕微鏡で見ればまだ血液は混じっていたのでしょうが、目視のレベルでは通常の尿に戻っていました。
改善は予想以上に顕著でした。とても調子が良くなり、『ビワ温灸の威力は凄いな〜。膀胱炎には非常に効果がある。もう大丈夫だ』と安堵しました。

しかし、やはり病気は病気です。侮ってはいけなかったのです。
翌日、お正月用の買い物をしようと家を出た途端、冷たい風に当たり『ああ、寒いな〜』と思いました。特に太股の辺りに冷たさを感じました。
すると、再び症状が出てきました。今度は血尿はそれほどではなかったのですが、頻尿が酷く、トイレに行っても、またすぐに行きたくなるのです。
年の瀬、晦日か大晦日だったので正月三が日は自宅でビワ温灸を施しながら寝て過ごしました。
年が明けて1月4日、病院で診てもらうと「やはり少し血が混じっているね」と言われ、抗生物質が処方されました。
ビワ温灸と抗生物質、そして水分をしっかり摂取することで私の膀胱炎は良くなりました。
膀胱炎は、疲れと冷えが良くないと言われますが、私の場合どちらもあったと思います。
体の中に冷えが入り込み、さらに溜まっていた疲れがどっと出た状態で、それだけにビワ温灸の温熱が非常に気持ち良く有効だったのです。

さて、この男性には咽頭ガンのお友だちがおられ、手術が出来ないということで放射線治療と化学療法をされていました。
しばらくは良かったけれど、肺に転移が見つかり、水素水を飲んでおられるとお聞きしました。
「水素水も効果があると思いますが、ビワもいいですよ」
お奨めしてみましたが、その方は少し遠方に住んでおられ、なかなか来ることが出来ませんでした。
膀胱炎でビワが凄く良かったと感じておられた男性は、「これは絶対にいい!」と仰って、ビワ温灸器を購入されました。
温灸器は2個セットなので、そのお友だちに一つ貸してあげ、試してみるとのことでした。
男性の当初の症状は、私のような血尿はありませんでした。ただ、前述したように治りが悪く、こじらせたような状態で年が明けてから「少し血尿が出た」と仰っていました。

発症当初、病院に行かれて抗生物質は処方されたと思いますが、抗生物質は菌を殺すためのものなので、3日か5日、長くても7日程度のものです。
大体それぐらいで治ってしまうので、その後の通院は不要となります。
しかし、この男性は家でおとなしく静養しているタイプではないので治り切らないのだと思われます。
とはいえ、ご自分でビワ温灸を当てていれば膀胱炎に関しては支障がないので、最近は当院に来られたときは従来の他の部位の治療を行っておられます。
きっと外周りの仕事が終わり、暖かい季節になれば完治に至るのだと思います。

施術のポイント

膀胱炎の施術で用いたビワ温灸のポイントは、へそから下の下腹部と背面の仙骨から下、そして下半身の腎経、膀胱経のツボ。あとは脊柱、すなわち督脈。
恥骨の上や腿の内側、さらに脾経などです。腎経、脾経の辺りは非常に反応が良かったので繰り返し施術していきました。
1回の施術には1時間ほどかけました。凄く冷えていて温まりにくい部位には入念に行いました。
膀胱炎はトイレを我慢するのは禁物です。会議や外仕事などでトイレを我慢するのは避けなければなりません。そして、冷えと疲れが駄目です。
温めていると明らかに違います。

因みに私は膀胱炎をしてから、主人が買ってくれた巻きスカート様の防寒着を冬場ずっと愛用しています。
山ガールが着けるような膝丈くらいのスカートです。この辺りは北アルプスから吹き下ろす風が強く寒いのですが、これを着用していると全然違います。
膀胱炎はこじらせると腎臓を悪くして腎盂炎など発症することもあります。
ビワ温灸は、施術中から「気持ちいい」を連発し、短時間で下腹部の違和感を取ってくれます。頻尿にしても難なく時間の感覚が開くようになります。
私自身の体験からも自信を持ってお勧めできます。
ぜひお試し下さい。

◎かず・のぶ治療院(ご紹介はこちらです。)
長野県北安曇郡松川村7025−128
TEL:0261−61−1110

(かず・のぶ治療院に関する体験談)
  • 血友病の内出血にビワ温灸

  • 『ビワと健康』  2018年3月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 膀胱炎にはビワ温灸!
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入