血友病の内出血にビワ温灸

長野県北安曇郡 かず・のぶ治療院 宇田和恵 先生


主人と私は鍼灸師、あんま指圧マッサージ師の資格を持ち、東京での病院勤務(リハビリ室や整形外科)ののち10年前にここ信州で治療院を開業しました。

原則として医師の診断を経た患者さん(診断名のある人)が施術の対象で、干渉波治療器による電気療法を最初に行ない、そのあと鍼とマッサージを併用する施術をしています。

開業当初からビワの葉療法を取り入れ、遠赤外線の温灸器やビワエキスを折に触れ使用しています。風邪のひき始めや治りかけ、悪性腫瘍の切除後、抗ガン治療後等にはビワ温灸を、虫刺され、かぶれ、打ち身、捻挫、突き指等には施術後にビワエキスを塗布、湿布し活用しています。

また、鍼やマッサージが出来ない特殊な患者さんや身体の状態のときはビワ療法が切り札になります。

母の乳腺症が改善

現在77歳の主人の母も長年、健康診断で必ず乳腺症が再検査にひっかかり、毎度がんセンターまで足を運んでいましたが、5年ほど前にビワ温灸器で毎日温灸をするよう勤めましたところ、翌年の検査では乳腺症が無くなり、以来検査で乳腺症と言われることはなくなりました。

目の疾患に即効性

ほかにも疲れ目で目やにが多いときや寝不足で目がしょぼしょぼするときはビワ温灸、結膜炎等の感染症や花粉症などはコットンに含ませたビワエキスで目もとを拭くと、びっくりするほど即効性があります。
とくにコットンに含ませたものは携帯できるので外出先でもすぐに処置でき、大変重宝しています。
特異なケースで血友病の患者さんがみえました。
運動をしている学生さんで、A型の重症例。飛んだり跳ねたりするだけで内出血してしまうのです。
筋肉の中で出血し、血が溜まると痛むのです。
ひどくなると病院でMRIを撮り、固まった血を抜くこともあるそうですが、どうしても出場したい大会があるとのことでした。
当院では捻挫とか割と速く治すのでスポーツをする子供たちが来ており、噂を聞いて来られたのです。
大学病院の主治医に可能な治療を聞いてきて頂いたところ、ごく軽いマッサージとお灸なら大丈夫とのことでした。

私どもも事前に調べて効果のほどはともかくもお灸は出来ることは掴めていたので、ストレッチと小さなお灸をし、そのうえでビワ温灸を行ないました。
ビワ温灸は免疫を高めるツボや血液が溜まって痛みのある箇所(大腿部の外、後ろ側、膝の上)等に当てました。
翌日、電話で「とても調子がいい」と喜ばれ、続けて3回施療しました。
接触プレーなどで結構内出血していましたが、結局、溜まった血は注射器で抜かずに済み、最後の試合が終わったあと「思う存分プレーでき燃えつきるまでやり切れました」と感謝の電話をいただきました。
それまでは整形外科や接骨院で簡単なストレッチをするだけだったそうですから余計に効果が現れた印象を受けました。
こうした特異なケースで症例が蓄積していくことの意義は大きいと思います。

骨髄炎も早期改善

定期的に通う女性(40代半ば)が、足の指をひどく腫らして来られました。
3番目の足指を強打したらしく病院で骨髄炎と診断されたとのことでした。
骨髄炎は、菌感染により起こりますが、赤く腫れ上がった指には痛みがあって歩くのも辛そうでした。
炎症にはビワエキスの湿布が良いのですが、この方はビワやナシを食べるとアレルギー反応が出るらしくリンゴも沢山は食べないとおっしゃるのです。
湿布は口に入れるわけではないので大丈夫だろうと判断し、施術前にビワエキスを患部に塗り、施術後はカット綿に含ませて張り付け絆創膏で固定した状態で帰って頂きました。
効果を期待しつつも恐る恐るの感はありましたが、数日後、予想以上に治りが速かったと感謝の連絡を受けました。

ハムスターの腫瘍も

家で飼っているハムスターでも改善例があります。
ジャンガリアンハムスターという小型種で寿命は大体2年くらい。男の子ばかり十数年飼ってきましたが、1年過ぎた頃から腫瘍が出来やすくなります。
獣医の診断では良性とのことですが、お腹や脇の下などにプクッとイボ状の腫瘍が出来るのです。
目の縁にも出来ますが、自分の指にビワエキスを垂らし、それを患部にスーッと塗ってやるのです。
ほかには絆創膏も何もしません。これを朝晩続けると大体2ヶ月くらいできれいに治ってしまいます。
ハムスターの飼育本にはビワやリンゴの種は与えてはいけないとあります。
青酸の微量含有が理由でしょうが皮膚に塗るぶんには問題はなく、また歳をとって噛み合わせが悪くなり餌が食べにくい子には細かく刻んだ野菜にビワの種を砕いて混ぜていますが、むしろ長生きに感じます。

◎かず・のぶ治療院 (ご紹介はこちらです。)
長野県北安曇郡松川村7025−128
TEL:0261−61−1110

(かず・のぶ治療院に関する体験談)
  • 膀胱炎にはビワ温灸!

  • 『ビワと健康』  2008年9月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 血友病の内出血にビワ温灸