うつの諸症状が改善

宮崎県都城市 癒し所 Ri・kyuu 飯田理津子 代表

3年前にうつで来られた女性(50代半ば)は、妹さんもうつで闘病中、ご本人も感情のコントロールが出来ない状態で悲しくもないのに涙が出たりしていました。

初めて来られたときは、胸の真ん中にある自律神経のツボ「ダン中」「巨ケツ」の辺りが痛いと言われうつ伏せになることすら難しく、椅子に腰かけた姿勢でビワ温灸を施しました。

遠赤外線のサウナに入ってもらってからビワ温灸を行いました。
うちではリンパケアやアロマトリートメントも行っているので、この方のその日の気分や症状などで判断し、どちらかをプラスしたりもしましたが、ビワ温灸は毎回基本にしました。
初めのうちはそんな感じで、週1回の施術を結構長く続けられました。
少しずつご自分で感情がコントロールできるようになられ、ここ1年はちょっとした肩こりや腰痛で健康維持のために2週間に1回程度通っておられます。
たまに調子が悪いときは週1回のペースで来られるときもありますが、それは殆ど稀になっています。

もちろん、ここまで安定するにはそれなりの過程がありました。
当初はみぞおち部の痛みでうつ伏せが出来なかったわけで、2回、3回と施術するうちにうつ伏せが可能になっていきました。
また、来られるたびに気分は落ちているので、ビワ温灸を当てながら会話をし、回数を重ねていくうちに徐々に改善が進みました。
夜、眠れるようになるには半年から1年ほど要しました。

原因不明の不調で病院を転々と

うちに来られる前は、自律神経に関わる流れが滞っていて、体のあちこちに痛みが出て病院をいくつも変えたそうです。
あまりに胸が痛いので、心臓の病気かもしれないと思って検査を受けても結果は、「異常なし」。
耐えられない腰痛でレントゲンを撮ってみても「何ともありませんよ」と言われ、どこにいっても改善が見られなかったのです。
この方が特に「気持ちが良い」と言われたのは、やはり胸の真ん中辺りでした。加えて後頭部、耳の周辺、そして肩もガチガチに固まっていたので肩も反応が良く、腰痛があったので仙骨付近も好反応でした。
施術をするたびに、「ビワ温灸を当てる前と後とでは違う。軽くなります」と言われました。

それでも、お仕事をされていて疲労やストレスもあり、施術後1週間くらいで少し体がきつくなることの繰り返しで、少しずつ改善していった感じでした。
ときには体がきつくて仕事を早退して来られていました。
職場に於けるストレス等のお話を伺いながら、ケアしていくことで肩こりや腰痛は出ることはあっても落ち込みはなくなり、大丈夫になられました。
最も辛かった時期を振り返ると、病院では体自体に異常が認められないのでビタミン剤や睡眠薬といった対症療法的な薬が処方されるだけで根本的な改善が望めなかったそうです。
うちに来られた当初は、漢方薬を処方する病院にだけは行かれていましたが、今はもう、そこにも行っていません。
ちょっと調子が悪ければ、病院よりはうちを頼っておられる感じです。
症状が酷かった時期、とても痩せられました。初めて来られたときは、少しふくよかな雰囲気でしたが、施術を始めても暫くは調子の悪い日が続いていたので、夜は眠れないし、食事も美味しいと感じられず小食となり、10キロくらい体重が減った印象でした。

今では体調が良く、「美味しく食べられるから太っちゃった」と笑っておられ、体重も普通に戻っている様子です。
眠れず、食べられず、体のあちこちが痛んで、いくつも病院を巡り、それでも改善の糸口が掴めずに苦しんでおられたわけですから、ビワ温灸に出会われて本当に良かったと思います。

◎癒し所 Ri・kyuu(利休)
宮崎県都城市高城町桜木326−1
TEL:080−4286−1966

◎「癒し所 Ri・kyuu(利久)」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > うつの諸症状が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入