子宮内膜症、子宮筋腫に奏効

宮崎県都城市 癒し所Ri・kyuu(利久) 飯田理津子 代表

子宮内膜症と子宮筋腫の診断を受けた友人(47)がビワ療法を始めて症状が軽減しているのでご紹介させて頂きます。

彼女は以前から生理痛がひどく辛い思いをしてきたようですが、最近になって特に症状が重くなったといいます。
激しい痛みとともに出血量が多く貧血で倒れたりするほどで、仕事を休まざるを得ない状況にまで陥ったため受診したところ病気が判明したのでした。

教員という職業柄,立っている時間が長く腰痛がありましたし、精神的にも責任は重く、仕事と家庭の両立でゆっくりする余裕がなく、肩こりや冷え症、ストレスに伴う胃の不調まで抱えていました。
次第に痛みを増す生理痛を我慢して頑張ってきた彼女もさすがに子宮内膜症と子宮筋腫の診断はショックで、手術をすべきかどうか悩んでいました。

病院では避妊薬で知られるピルが処方されていましたが、相談を受けたのでビワ療法(温灸と種)を始めることを勧めました。
彼女にはビワ温灸がとても合っていたようで「気持がいい」と喜び、特に肩や腹部に当てると心地好いとのことでした。
精神的にも癒しを感じた様子で施療を始めて間もなく、ビワの温灸器を購入して自宅でも手の届く腹部に自分で当てるようになりました。
私の施術は週1回のペースで受けました。当てる部位は全身でしたが、腹部や腰部、肩には長めに当てていきました。
また、冷え症があったので脚にも当て、血流の改善を図りました。

1ヵ月後の生理は薬が効いたのか、それともビワ療法が効いたのか、あるいは両方が効いたのか痛みは出ませんでした。
ビワ温灸と併せて生理痛での改善例が非常に多いビワの種(粉末タイプ)を服用したことも奏効したように感じられました。
当然、薬はなるべく飲まずにすめばよいわけです。
そこで、試しに次の生理まではビワ温灸とビワの種、そして手技による施療のみを行なうことにしました。
予想した通り、次の生理は楽なものでした。
全く痛みがないわけではありませんが、通常の生理でみられる”だるさ”程度に戻ったのでした。
それでも多忙になると痛みが出ることもありますから週1回のビワ温灸と手技、ビワの種、そして自分で行なうビワ温灸によって薬に頼ることなく、手術の心配もない充実した日々を過ごしています。

◎癒し所 Ri・kyuu(利久)
宮崎県都城市高城町桜木326−1
TEL:080−4286−1966

◎「癒し所 Ri・kyuu(利久)」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮内膜症、子宮筋腫に奏効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入