難治性悪性リンパ腫が消滅

奈良県生駒市 奈良びわの葉会 澤美代子 代表

貴紙第256号で悪性リンパ腫の女性(60代)が、抗ガン剤治療の副作用による酷い便秘がビワ温灸によって改善したことをお伝えしましたが、今回はその方の続報として、鼻と目の奥に出来ていた悪性リンパ腫も改善したことを報告させて頂きます。

彼女がビワ温灸と出会ったのは大学病院に入院していた時です。たまたま同室の隣のベッドに多発性骨髄腫の患者さん(女性、50代前半)がいて、せっせとビワ温灸を当てている姿を目にしたことで、興味をもたれたのでした。

隣にいた患者さんというのはうちのサロンのお客さんで、事前に採取していて自分の細胞を再び戻す移植治療のために入院していたのでした。

ビワ療法について色々と話を聞き、温灸器を借りて当ててみた彼女は、とても気に入り、昨年4月からビワ温灸を始め、9月からはビワの種(錠剤タイプ)も飲み始めました。
10月にはすでに手術が決まっていたので、予定通り手術をしたわけですが、何と悪性リンパ腫は消えていたのです。
入退院を繰り返していた彼女ですが、ご自宅でもビワ温灸を続け、手術のための入院前に、鼻の穴から血の塊のような膿がゴロっと出てきたそうです。

手術して細胞を採ってみた結果、医師から「ガンは消えていましたよ」と言われ、ご本人は、『あの膿がガンだったのかな』と思ったそうです。
思わぬ良い結果を得て、大喜びで電話を下さった彼女ですが、当初、私が指導していたビワ温灸を当てる箇所は腹部や腰で、首から上については、せいぜい耳とか「百会」のツボくらいでした。
それというのも、彼女は鼻と目の奥にある腫瘍については私に話されませんでした。

「当てにくい厄介な部位でもあるし、顔に当てるとなると止められるかもしれないから腫瘍の辺りを『気休めかもしれへんけど・・・』と思いつつ、目をつぶりながら自己責任で当てていたの。多分、ビワ温灸とビワの種の相乗効果だと思うわ」とのことでした。
悪性リンパ腫の中でも治りにくい難治性悪性リンパ腫と診断され、娘さんも、「もう本人の好きなようにさせてあげたい」くらいに思っておられたそうです。
入院中にビワ温灸についてアドバイスした際、私は、自分の父親が肝臓ガンを克服した過程で口から血を吐いてその後良くなったことや子宮ガンのお客さんが下血した後に腫瘍が消えていたことを例に、「悪いものが出た人もいるんですよ」とお伝えしたので、彼女は「やっぱり、これは出たんだ」と思われたそうで、私の話が伏線となり膿が出たときもあまり驚かなかったとのことでした。
私はその部位に腫瘍があると知らなかったので、電話口で泣きながら報告して下さった彼女の言葉に驚きました。

抗ガン剤の副作用の便秘が改善されていたことも、『もしかしたらこれも・・・』という思いに繋がったのだろうと思います。
もちろん、彼女は退院後もビワ療法を続けておられ、お友だちとランチを楽しむなど充実した日々の様子を伺いながら、しみじみ良かったと感じています。

◎奈良びわの葉会
奈良県生駒市北新町19−12
TEL:090−7108−2290

◎「奈良びわの葉会」に関する体験談 ◎澤美代子さんの体験談
『ビワと健康』  2017年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 難治性悪性リンパ腫が消滅
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入