悪性リンパ腫のケアに活用

奈良県生駒市 奈良びわの葉会 澤美代子 代表

悪性リンパ腫の女性(60代)は、抗ガン剤治療の副作用による酷い便秘で苦しんでおられましたが、ビワ温灸を始めて悩みを解消することが出来ました。

彼女がビワ温灸と出会ったのは大学病院に入院していた最中です。
たまたま同室の隣のベッドに多発性骨髄腫の患者さん(女性、50代前半)がいて、毎日せっせとビワ温灸を行っている姿を目にしたのでした。
彼女は興味を持ち「それ、何ですか?」と尋ねたそうです。
多発性骨髄腫の患者さんからビワ療法について色々伺い、自分も試してみたいと話したところ、その患者さんは快く貸し出しに応じてくれたのでした。
その患者さんは、病院の承諾を得てビワ温灸を行っていたそうで、彼女も担当医に許可を貰い二人並んで励まし合いながらビワ温灸三昧の入院生活を送ることとなったのです。

彼女は毎日、朝晩ビワ温灸を行ったそうです。下腹部中心に当てていくと、自然にお通じがくるようになり、抗ガン剤の副作用で腸が動かなくなった状態から抜け出せたのです。
便秘ばかりでなく、副作用の諸症状がしっかり抑えられるため、すっかりビワ温灸の威力に魅了され、ご自分でも遠赤外線の温灸器とビワエキスのカセットを購入されたのでした。
二人とも今年7月に退院し、ご自宅に戻ってからも日々ビワ温灸を愛用しておられます。

ビワ温灸を通じて新たな希望が・・・

悪性リンパ腫の彼女の家は、当サロンからは少し遠いのですが、多発性骨髄腫の患者さんの家は近いので、先日も遊びに行きました。
この患者さんは元々うちのサロンに通っていた方で、細胞の移植のために一時的に入院されていたのです。
詳しい内容は私も解りませんが、自分の細胞を事前に採取しておいて、再び戻す移植というのが多発性骨髄腫の特徴的な治療法としてあるのだそうです。
この方の場合、私と出会ってビワ療法を始める前は、抗ガン剤をマックス投与していて、お水すら受け付けないところまで副作用で苦しんでおられましたが、ビワの葉茶なら飲みやすく、ビワ温灸を受けると体調が良いと喜ばれました。
もっというと、私が本格的にサロンを構えてまで施術をするに至ったそもそものきっかけは、この方にありました。
インターネットで私の存在を知り、連絡を下さった一番最初のお客様だったのです。

前回、乳ガンの改善例でご紹介させて頂いた細川さんとも知り合いで、今では三人で情報交換をしたりして共に頑張っています。
細川さんがビワ療法の指導員を目指して学習を始められ、ビワ温灸を実践するモニターを買って出て下さり、「やっぱり、人に当ててもらうと気持ち良いね〜」と実感を込めて話しておられました。
娘さんも生理痛が改善したそうで、愛用しておられるのだとか。
皆さん、大きな病を得て言葉には出来ないことも多々あると思いますが、ビワ療法と出会って体調が良く、温泉に出かけてみたり、楽しく普通に生活できていることが嬉しいとおっしゃいます。

それと、一つ思うのは大学病院の病室でビワ温灸を当てることが出来たのはラッキーだったということです。
彼女は、そこで偶然目にしなければ、ビワ療法に出会えていなかったかもしれません。
特に東洋医学を推進している病院でもありませんから、担当医や病院が寛容だったのかなと思います。
看護師さんもビワ温灸を行う様子を見ながら「いい匂いですね〜」と言ってくれたそうです。
ビワ療法は手軽で優れた療法なので、益々の普及を願ってやみません。

◎奈良びわの葉会
奈良県生駒市北新町19−12
TEL:090−7108−2290

◎「奈良びわの葉会」に関する体験談 ◎澤美代子さんの体験談
●「奈良びわの葉会」のホームページはこちらです。

『ビワと健康』  2016年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 悪性リンパ腫のケアに活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入