健康サロン『自然療法ミケ』

【活躍する人たち】 澤美代子 さん

近鉄奈良線・生駒駅から徒歩1分、ビワ療法をこよなく愛する澤美代子さんの健康サロン『自然療法ミケ』がある。

澤さんとビワ療法との出会いは、運命的だ。
お父さんが肝臓ガンを患い、棒もぐさを使ったビワ温灸を試してみたのがきっかけだった。
腫瘍マーカーの数値は15,600。担当医は深刻さを訴えたが、朝晩、毎日欠かさずビワ温灸を当てるうちに2ヶ月で腫瘍は消えてしまった。

その後、再発もしたが、再び腫瘍は消えた。
今年4月には食道静脈瘤が破裂して吐血。洗面器3杯分の真っ黒な血液だった。肝臓の影響との指摘だったが、ビワ温灸の数々の体験談から改善の予兆と確信、抗ガン剤治療を断り退院した。
お父さんの経過は良好で、毎日元気に愛犬との散歩を楽しんでいる。

「父はビワ温灸とともにビワの種やビワ茶も愛飲しています。改善の経過を日記風にブログに上げていたところ、あちこちから問い合わせがあり相談を受けるようになりました。ビワ温灸の当て方を説明したり、メディカルハーブの検定講師の協力を得て一緒に体験できるビワ酒、ビワ酢、ビワ化粧水、ジェル、クリーム作りなどの講座も始めました。ビワ温灸ではガンの方の相談が多数を占め、悪性骨髄リンパ腫や子宮ガンなどで改善が進んでいます。初めはレンタルスペースを使用していましたが、手狭になって今の場所を設けました。私自身、ビワの種で花粉症が劇的に改善した一人ですし、愛猫もバセドウ病が改善して元気になりました。屋号のミケは愛猫からとりました」
食養生に関しても造詣が深いのは10年前、ストレスが原因でアトピー性皮膚炎を患ってマクロビオティックなどを学んだ経験があるからだ。
奈良県は聖武天皇の時代にビワ療法が伝来したとされる縁の地であるだけに、由来を語ると誰もが興味を示すという。
お勤め帰りにも気軽に立ち寄れる好立地の健康サロンは、今日も癒しの空気で満ちている。

◎自然療法ミケ(現・奈良びわの葉会)
奈良県生駒市北新町19−12
TEL:090−7108−2290

◎「奈良びわの葉会」に関する体験談 ●「奈良びわの葉会」のホームページはこちらです。
『ビワと健康』  2015年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 活躍する人たち > 病気治しは生き方直し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入