気管支炎の咳が止まった!

広島県安芸郡 apaiser(アペゼ) 後藤円 代表

風邪をこじらせて気管支炎になり、咳のしすぎで疲労した状態の2歳の女の子のお母さんから電話があり、施術することになりました。

娘さんは小柄な体型で、コンコンと小さな肩を震わせて咳き込む姿はいかにも辛そうで私まで切ない気持ちになりました。

2歳児の施術は初めてで、怖がらないようにDVDを見せて気を紛らわせようかと考えたりしましたが、おもちゃを持つことで気持ちが落ち着き、うまく施術を進めることが出来ました。

遠赤外線のビワ温灸器を用いて胸の真ん中の「肺ユ」のツボを前後から挟み込む打ち抜き灸を行いました。
皮膚がじんわりと温まってきてキューッと熱さを感じる一歩手前、時間にして12秒辺りで皮膚から離す方法を取り、10〜12分施しました。
大人だと少し熱めの刺激が心地好いのですが、子供には怖さに繋がるので、ポカポカ感で終始することがポイントになります。
施術中も咳は出ていましたが、30分ほど経って帰られる頃には少し収まったように感じられました。

二人を見送り、ほどなくして電話がありました。
「娘の咳が止まりました。食欲も少し出てきました」
お母さんの嬉しそうな報告に私もほっとしました。
翌日は、お母さんが一人で来られました。
実は前日、お母さんが娘さんを連れてきたお母さんもとても体が辛そうだったのです。
娘さんは一時預かりの保育で風邪をもらい1週間以上咳が続いていたのですが、お母さんも同じように風邪をひいてしまったそうです。
自分より娘さんを優先し看病してきたわけで、疲れきっていたのでした。

娘さんを実家に預けてきたという彼女は真っ直ぐに立てず、前かがみでフラフラし、思わず「大丈夫ですか」と手を差し伸べたくなるような状態でした。
娘さん同様、胸と背中、さらに全身のツボにビワ温灸を施しました。
トータルで1時間10分ほど施術したところ、随分と楽になり背筋を伸ばして帰っていかれました。
翌々日、再び娘さんを連れて来られました。
「結構、良くなりましたが、もう1回お願いします」
親子共々、ビワ温灸がとても気に入った様子で、初回は怖がっていた娘さんも気持ちが良かったらしく、自分から服を脱いでお腹を出しました。
健気にジーッと座っている娘さんに「えらいね、えらいね」と声掛けしながら、前回と同じ施術をしました。
因みに初回時、娘さんは鼻水も出ていましたが、それも収まっていました。

幼児の下痢も改善

偶然、2歳児の施術が続き、女の子が来た数日後に、今度は男の子が来ました。
お腹がゆるく、下痢症状が強めに出ていました。
この子は、もともとお母さんの施術についてきて、施術中に「やってみる?」と尋ねると、怖がって拒否していました。
ところが今回は余程辛かったのか、自分から寝転がってお腹を出しました。
前述した幼児向けの要領で、この子の場合はお腹と腰にビワ温灸を10分程度施しました。

後日、お母さんからメールが届きました。
『夜には便が少し落ち着き、翌日は大丈夫でした』
ビワ温灸は当て方を工夫すれば大人でも幼児でも年齢に関係なく施術が出来て、様々な症状を早期改善に導いてくれるので本当に重宝しています。

◎apaiser(アペゼ)
広島県安芸郡府中町みくまり3−5−5−11
TEL:090−1010−4760

◎後藤円代表の紹介記事(活躍する人たち)

◎「apaiser(アペゼ)」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 気管支炎の咳が止まった!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入