apaiser(アペゼ)

【活躍する人たち】 後藤円 代表

何でも”やりたがり”を自認する後藤円さん。ビワ療法との出会いは5年前、友人の紹介だった。

「ビワ温灸って知ってる?」
「えっ、何?」
「温灸だけど、すごく気持ちが良いからやってみない?」
「やるやる」

即答。しかし、先生は隣県、山口の人だという。訪ねるには少し遠い。
人数が集まれば出張してもらえると知り、すぐ友達に声を掛けた。

友達もノリが良く「やりたい」と二つ返事、体験会は実現した。
そもそも、元気印の後藤さんが健康に関心を持つに至ったきっかけは、15年前に遡る。
当時、幼かった我が子が紫斑病を患った。以来、食事の大切さに気づき各種療法にも目を向けるようになったという。

初めてのビワ温灸は、衝撃的だった。受けている間に涙がいっぱい溢れてきた。
「何でこんなに涙が出るんですかね」
「胃が冷たく硬くなっていますよ。ストレスを抱えていませんか?」
少し悩みがあり、先生の言葉が心に沁みた。
ビワ温灸が終わったとき、空が晴れたような感覚になった。

ものすごく感動し、ますます興味がわき、やがて寝ても冷めてもビワ療法のことで頭がいっぱいになってしまった。
結局、山口まで通って勉強を始めた。当初は両親や身内対象の施術を考えていたが、学びが深まるに連れ筋を見込まれてか、先生から後藤さんに提案がなされた。

「困っている方が沢山います。始めてみたら・・・」その言葉に後押しされ、指導員認定に臨んだ。
友人や知人の体を借りてビワ温灸の実践を積んだが、練習にも拘らず次々と改善例が出てきた。

肩こり、腰痛、冷え症。中には股関節変形症で歩行困難だった方の痛みが取れ、普通に生活できるようになったりと、ビワ療法の奥深さを実感する経験になったという。

現在はガンの方も多く訪れる。停滞している方もいるが、それでも基礎体温が上がったりと変化が現れ、感謝される。
「病気のことって友達には話し難いし、家族にだって気兼ねがあります。ここでは色んな話ができて息抜きに活用されている方も多いようです。お客様の話を聞くのは好きですし、私の方が学ぶことが多いんです」
初心を忘れてはダメ。自分が治しているわけではないのだから。
気持ち良くなって頂くことが一番。痛みが取れたとか、調子が良くなったとかは、付随の話。
皆さん、来たときより帰るときの顔がキラキラしている。

その表情を見るたびに「よし頑張ろう」となる。それが心の支えだ。
この人が少しでも楽になりますように・・・。
祈る気持ちで、ただそれだけ。

◎apaiser(アペゼ)
広島県安芸郡府中町みくまり3−5−5−11
TEL:090−1010−4760

◎「apaiser(アペゼ)」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 活躍する人たち > apaiser(アペゼ)
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入