変形性股関節症の痛みが改善

広島県安芸郡 apaiser(アペゼ) 後藤円 代表

変形性股関節症を患い辛い痛みに長年耐えてきた友人がビワ温灸により劇的な改善を果たしました。

私自身ビワ療法と出会ってまだ日が浅く、ビワに秘められたパワーには驚くばかりですが、皆様のお役に立てることを願って経過をご紹介させて頂きます。

彼女は現在45歳、小学校の教員をしています。両方の股関節に痛みを抱えていましたが特に右側の痛みが強く、立っていても座っていても、痛みのないときはなかったと言います。

病院では「痛みを取るには手術しかないです。
ただ、手術をしても必ず治るとは言えません。最悪、車椅子になるかもしれません」と告げられたそうです。
手術は怖いし、病院に行けば痛み止めの強い薬は処方してもらえるけれど副作用のことなどを考えると極力飲みたくはない。
けれど、職業柄立っていることが多いので患部に負担がかかって痛む。
良くなる兆しを見い出せないまま多忙の日々に紛れて過ごしているけれど、どうにもならないくらい悪化してきたら、そのときは手術しかない・・・。
彼女にしてみれば先の見えない状態だったと思います。
私が彼女にビワ温灸を当て始めたのは昨年の9月初めからですが、私自身がビワ療法に出会ったのはその3ヶ月ほど前でした。

友人の紹介で山口県の重岡典子先生(びわ温灸しげおか代表)からビワ温灸を受けました。
体自体はどこも悪くはなかったのですが、精神的に一杯一杯の状態でした。
いざビワ温灸を受けてみると何とも言えない心地好さに包まれてポロポロと涙が溢れ、心底、癒された実感がありました。

以来、すっかりビワ療法の魅力にはまり、重岡先生のところに通って勉強を始めました。
指導員の認定を受けるには条件の一つとして50人の方にビワ温灸を行わなければなりません。そのうちの一人が彼女だったのです。

指導員講習で自分が学びつつ、彼女の体を借りて実践を重ねていったという形だったのです。
友達だから気心が知れているので気軽に試してみた感じでしたが、期待を遥かに超えてビワ温灸は良かったのでした。
施術は全身に行ないます。1回につき大体45分くらいかけて当てますが、股関節の周りには約20分を費やしました。

初回、温灸を当てた直後から反応は良好でした。
翌日には彼女から「痛みが全くない」と感激のメールが届き、私も驚いてしまいました。
週1回のペースで施術を続け、あれほど辛かった痛みの症状は完全に出なくなったのです。
そればかりか1ヶ月が過ぎた頃、メニエール病の症状まで消えてしまっていたのです。
股関節の痛みがあまりに辛かったので彼女自身もメニエール病のことを忘れていたそうです。

股関節同様、長く患っていて、疲れが溜まると耳鳴りや目まいがしていたものが、全くなくなっていたのです。
最終的には手術を覚悟し、不本意ながら痛みから逃れるため鎮痛剤に頼らざるを得ない不安な生活から一気に抜け出せた彼女は「ビワ温灸、凄すぎる!」と喜んでくれました。

重岡先生が住む山口県ではビワ療法を実践されている方が多く、ビワ療法の愛好者の基盤が着々と出来つつあるようです。
私も地元広島でビワ療法の素晴らしさを多くの方々に知って頂けるようこれから頑張っていきたいと思っています。

◎apaiser(アペゼ)
広島県安芸郡府中町みくまり3丁目5−5−11
TEL:082−284−8602

◎後藤円代表の紹介記事(活躍する人たち)

◎「apaiser(アペゼ)」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 変形性股関節症の痛みが改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入