アキレス腱の激痛が改善

広島県安芸郡 apaiser アペゼ 後藤円 代表

右足の激痛に耐えきれず訪ねてみえた女性(80)は、私が外出先から帰宅した際、ご主人とお二人で玄関の前に立っておられました。
すぐ近所にお住まいの方で、歩くのが困難なため、ご主人に車で連れてきて頂いたとのことでした。
右足は床につけるのが精一杯、踏ん張るなどは到底無理でした。肩を貸して差しあげて、何とか上がって頂きました。

以前にアキレス腱を切断し、その後遺症でこれまでも時々痛むことはあったそうです。
ただ、痛みは軽くて生活に支障をきたすようなことはなく、処方された湿布薬を貼るなどしてこられたとのことでした。
ところが今回は、別次元の痛みに襲われてしまったのです。
何かにつまずいたとか、そういった明確な原因もないまま突然発祥しただけに戸惑っておられました。
うちのことは、開業時にポスティングした『ビワ温灸始めました』という案内を見て、興味を持っておられた様子でした。

施術は、古傷であるアキレス腱に痛みが出ていたので「太渓」や「複溜」といったくるぶし周りのツボと、ふくらはぎに絞ってビワ温灸を行ないました。
40分かけて当てましたが反応は鈍く、一応、「温かくて気持ちが良い」とは言って下さいましたが殆ど変化は感じられず、明らかに痛みの方が勝っている雰囲気でした。
ご主人に迎に来て頂くのも申し訳なく、帰りは私が車でお送りしました。
帰り際、「後藤さん、明日もお願いします」とお願いされました。
とはいえ、来て頂くにはあまりに大変そうですし、お気の毒だったので「私がお邪魔させて頂きます」とお伝えしました。

一晩明けると劇的に改善

翌日、ご自宅を訪ねました。すると、どうしたことでしょう。驚いたことに彼女はすたすたと歩いておられたのです。
私は呆気にとられ言葉を失いました。
「昨日は、床に就いてもまだ右足がジンジンしていたけれど、徐々に痛みが薄れていったんです。そして、今朝起きたら痛みが取れていて・・・。あんなに痛かったのに嘘みたい」
彼女も、とても感動しておられました。
多少、右足をかばうような歩き方ではありましたが、痛みは殆どないとのことでした。
それ以降は、週1回の施術を1年間ほど続けられました。

高齢の方なので右足だけでなく全身のケアを目的として通われましたが、足が痛むことはなく、体調は良好に保たれました。
現在もとてもお元気です。この地域は山手で坂がありますが、愛犬を連れてよく散歩されています。

apaiser(アペゼ)
広島県安芸郡府中町みくまり3−5−5−11
TEL:090−1010−4760

◎後藤円代表の紹介記事(活躍する人たち)

◎「apaiser(アペゼ)」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アキレス腱の激痛が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入