不妊症克服の鍵は温熱効果

広島県安芸郡 ataiser(アペゼ) 後藤円 代表

今年9月初め、2年に渡って不妊症の治療をされてきた女性(36)が訪ねてみえました。

ビワ療法については全くご存じなかったそうですが、たまたま乗車したバスの中で当店の広告を見て興味を持ちホームページを検索されたとのことでした。

末端冷え症で手足が冷たく、体温自体も35℃ちょっとと低めで妊娠には不利と思える状態でしたが、病院では体を温める指導はなかったとのことでした。

不妊症の方にビワ温灸を施すのは彼女が初めてだったため、私のビワ療法の師匠である重岡先生に電話でアドバイスを仰いだところ「ご夫妻とも身体に問題がなければ体をよく温めれば妊娠すると思いますよ」との助言を頂きました。

そのお言葉をお伝えするととても安心され、「毎月生理が来るたびに『あ〜、またダメだった』と落ち込んでいたけれど、そういう気持ちがなくなりました」とおっしゃられました。
末端冷え症なので施術前にフットバスで15分ほど足を温め、熱が入り易くしました。ビワ温灸は全身に施してから腹部を入念に、さらに不妊症のツボである「三陰交」に施すようにしました。

初回の施術直後からずっと体がポカポカしていたそうで、『体を温めていけば自然に赤ちゃんが出来るんじゃないか』という思いがわき起こり、それまでの焦りが消えて安心感に繋がっていかれたそうです。
体が温まり心も温まると短期間で良い方向に向かうことがあると思います。
彼女は週1回のペースで通われました。
4回来られ、5回目の予約の前でした。
「妊娠しました!」と待望の吉報。私も本当に嬉しく感謝しました。

重い膝痛肩こりが改善

現在、C型肝炎の改善を目指して通われている女性(50)は、当初、膝の強い痛みを訴えて訪ねて来られた方です。

ご主人が調剤薬局を営んでおられ、薬のセールスで来店した人から「ビワの葉温灸がいいよ」と聞きつけ、広島でビワ療法を検索して当店を知ったそうです。
ご主人はビワ療法についてさらに詳しく調べたらしく、調べるほどに『これは凄いかもしれない』と思われ高速道路を使って40分かかる道のりを奥さんを連れて来られたのでした。

うちに来られる少し前に膝の水を抜いたそうです。それ以降、水は溜まっていませんが、当初は痛みが強いため歩くことすらままならない状態でした。
また、肩も首の付け根からパンパンに固まっていて指が入らない有様でした。
ふくよかな体系も影響してか一気に改善というわけにはいかず、それでもビワ温灸の施術を受けると翌日はかなり痛みが軽減し、喜ばれました。
結局、膝の痛みが収まるには1ヵ月半を要しましたが、膝に意識を集中しているうちに肩のこりも着実にほぐれていて「気がついたら痛みが収まっていた」とのことでした。
ご近所の方からビワの葉を頂いたそうで痛みがない日でも膝に葉っぱを巻いて休まれたことも改善に寄与したといえます。
病気のことは友達には話しにくく、施術を受けながら気がねなく私と会話できることも心が落ち着くと言って下さっています。

週2回、片道40分の道のりを運転し、付き添われるご主人もよく協力して下さっていると思います。
C型肝炎でも改善に繋がることを願って施術に取り組ませて頂いています。

◎ataiser(アペゼ)
広島県安芸郡府中町みくまり3−5−5−11
TEL:082−284−8602

◎後藤円代表の紹介記事(活躍する人たち)

◎「apaiser(アペゼ)」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 不妊症克服の鍵は温熱効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入