変形性膝関節症の痛み軽減

徳島県徳島市 東洋医学整体所 豊田整体 豊田透 所長

変形性膝関節症と診断された女性(70代)は40代と50代に二度の事故歴がある方でした。

いわゆるO脚変形で、両足とも酷く変形していましたが、特に右脚の痛みが強く摩耗した関節の骨は尖っているので「突き刺さるような痛みがある」と表現しておられました。

うちに変形性膝関節症で治療に来られる方は少なくありませんが、ある程度の年齢になると施術で矯正を図ると却って痛みが増す原因を作ってしまうことになりかねません。

その方も整体は行わず、ビワ温灸オンリーで施術しました。
一般的にこうした症状は、腹部から順に足の要所要所に連なる膝関節症のツボに施術をすると痛みが良く取れます。
膝をあまり曲げることが出来ないため筋肉のいびつな使い方をしてしまい、余計に痛めてしまっていることが多々あります。
しかし、それほどまでの膝の変形があってもビワ温灸の施術のみでかなり痛みは取れます。
この方も、痛みの程度は100がゼロにはなりませんが、80くらいまでは軽減して随分と楽になられ、喜ばれました。

過呼吸も改善

また、最近、ビワ温灸の威力を実感した例では美容師さん(60歳くらい)の極端な疲労があります。
現代は女性も相当に忙しい時代で、彼女も様々な仕事に追われ多忙な日々を過ごしておられました。
うちでは最初に30分かけて症状の詳細を掴むため問診を行いますが、その問診中も過呼吸で息が続かなくなっておられました。
「先生、こういう状態。いつもこういう状態が続くのです」
息が吸えないので言葉も途切れ途切れになりながら辛い症状を必死に訴えておられました。

ところが、いざ病院にかかると「肺もどこも異常ありません。大丈夫なのでお帰りになっていいですよ」と言われてしまうというのです。
ご本人としてはとても辛いわけで、病院の受診直後、紹介されて訪ねて見えたのでした。
このケースでは整体とビワ温灸を併用した施術を選択しました。
特に上半身に念入りにビワ温灸を施したところ「あ〜、気持ちが良い。楽になりました」と言われ、施術後には普通に会話が出来る状態にまで回復しておられました。
本当に疲れきった状態でしたが、短時間で正常に戻りビワ温灸の即効性を感じさせる例でした。
その後も多忙であることに変わりはありませんが、過呼吸となることはなくなり、元気に過ごしておられます。

◎東洋医学整体所 豊田整体(ご紹介はこちらです。)
徳島県徳島市新町橋2−15
TEL:088−624−5108

◎「東洋医学整体所 豊田整体」に関する体験談 『ビワと健康』  2016年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 変形性膝関節症の痛み軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入